プログラム グッドタイム2019年7月

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

アーカイブ:2019年7月

2019/07/31 樋口、キレイになります!最終回

3カ月限定でお届けしてまいりました、このコーナーも7月最終月曜日でラストでした。

MARUKOさんと出会って3カ月の私の変化は以下の通りです。

 

先ずは正面。(ずっとジミヘンにお付き合いいただいております)

左から 5月、6月、7月

5月着衣正面6月着衣正面着衣正面

こちらが背面。

5月着衣後6月着衣後着衣後ろ

そして横姿。

5月着衣横6月着衣横着衣横向き

お判りいただけたでしょうか。

減量目的のハードな運動一切なしでお尻が上がり、横に張っていた太ももがコンパクトになり、背中も心なしかスッキリしてちょっとスラっとした印象が戻ってきました。

 

この3カ月間身をもって感じたことは正しい下着のサイズを知ること、正しく着用することの大事さ。

下着は肉体の入れ物で在り「型」でもあります。

 

一生のうち46万時間も肉体を収める型、サイズが小さすぎて肉がはみ出たままの46万時間、また逆に大きすぎて形が崩れたままの46万時間。体にどんな変化が出るかはお察しの通りです。

 

誰のためというわけでなく、鏡を見るたびにため息をついている日常を変えるためにMARUKOさんのドアを開けてみてください。本人より熱く理想のボディへ近づけようと一緒に頑張ってくれるボディスタイリストさん達があなたを待っています^^

 

無料試着体験では正しい下着のサイズと、着用方法を教えてもらえます。その後で恐ろしい勧誘などはありませんのでご安心ください。それでもちょっと不安という方はお友達や、お母さん、お姉さん、職場の同僚と一緒にどうぞ!

 

何人かで来られるときにはフィッティングルームの大きさの兼ね合いもあるので予約の際に人数などご相談ください。

ご予約は 0120-21-3705 まで。

 

いよいよ今日(7/31)のご予約分までとなりました!ライアル3点セット(トライアルブラ、ショーツ、ガードル)。

8月からは1点のみのプレゼントとなるようです。今日中にご予約ください!

 

IMG_4569 IMG_4568

 

キツイ、怖い、怪しい…と思っていた謎に包まれたMARUKOという存在。

今では快適、楽しい、頼もしいにすっかりイメージが変わりました。

コーナーは終わってしまいますが、私は引き続きMARUKOさんに通い続けます。

ウェディングドレスに向けて!頑張ります!頼みますよMARUKOさん!!

 

信じがたいことが自分の体に起きるMARUKO体験、ぜひ皆さんもご自身で体験してみてくださいね♪

2019/07/31 カラダグッドタイム!~続・男性脳、女性脳/ビューセンサーについて~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

前回のカラダグッドタイムでは、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんに続・男性脳、女性脳ということでビューセンサーの違いについて教えて頂きましたよー!

 

《読む前に抑えておきたいポイント!》…男性脳と女性脳というのは自身の性別で決まっているわけではない!男性でも女性脳だったり女性でも男性脳だったり…物事の捉え方や物の見方などがどういう傾向にあるかでどちらの脳のタイプなのか分かったりするそうです。詳しくは前回の上西さんの回のブログを参照。

 

まず、ビューセンサーの違いとはどういうことなのでしょうか?上西さん曰く、男性脳と女性脳の眼球制御の違いということでした。つまり、2つの脳の「物の見え方の違い」のことなのだそう。

 

それぞれのビューセンサーの特性がコチラ↓↓↓(ちなみに、これは上西さんのお師匠様でもある黒川伊保子さんが日本初の女性脳を搭載したAIを作った際に見つけたことなのだそうです)

・男性脳半径3mの外を見ている。また、瞬時に動くものに照準が合うようになっている。

・女性脳半径3m以内をくまなく見ることが出来る。

 

2つの脳はなにやら全然反対の見方をしているみたいですね…(; ・`д・´)更に、この違いによって起こるトラブルの例も挙げて頂きました!皆さんの中にもこんな経験あるある!という方がいるかもしれません…

(例.1)冷蔵庫の中を見た時に男性脳は奥の方から見ることができるのだそう。その結果、例えば奥の方に眠っている賞味期限の切れた納豆をみつけてしまったとする。この時に「これ賞味期限切れてるよ!」など言ってしまうと、女性脳は「わざわざそんな所見つけちゃうんだ…」、「何か私が悪かったの?」などと思ってカチンときてしまうことも…

しかし!ここで勘違いしてはいけないのは、この時、男性脳に悪気はないということ!ただ見つけた物を、愛がある故に結果として言っただけ。(※男性脳の愛情表現の仕方については前回の上西さんの回のブログを参照)

ですが、女性脳はここで裏読みをしてしまうシステムになっているのだそうです!同じような例をもう1つ…

(例.2)「今日のおかずこれだけ?」と言われると女性脳は「何?不満なの?」と思ってしまうそう。この時、男性脳側からすると、ご飯とおかずの塩梅(あんばい)を見ながら食べたいから「今日のおかずはこれだけでいいんだよね?」という確認をしただけというパターンが実は多いそうなんです。

 

何故このようなことになってしまうのでしょうか?上西さんによると、女性脳は自己否定の考えに繋がりがち。ネガティブに考えることで女性は子供たちを守ってきたためそういった脳になっている。つまり、危険を回避するために女性の脳は裏読みをする等、すぐにそういう風に考えられるようになっている。とのことでした。

 

また、上西さん曰く、女性脳は「感情のタグ付けが上手」なのだそう!(※タグ付けとは…元はコンピュータ上に存在するファイルなどにタグという目印を付けて整理する手法のこと。最近ではSNSなどでよく使われる言葉で、「#〇〇」と書くことでタグをつけることが出来る。そしてそのワードに紐づけされた物事や人物など、関連するものを示すことが出来るというもの。

何故感情のタグ付けが上手と言われるのか…それは、女性脳は感情で記憶を引き出すというシステムになっているからなんですって!

(例)パートナーに対して「怒っている」状態になると、最近パートナーにイラッとしたことだけでなく、昔あったイラッとした出来事まで【#怒っている】というタグ付けで紐づけされて蘇ってしまうそう。これが「悲しい」となれば、【#悲しい】で紐づけされたこれまでの記憶が蘇ってきたり…

これらは女性脳=情動と経験が一緒になっているということから起こることなのだそうです!

 

このようにビューセンサーが違う2つの脳は、その違い故にイラッとしたりムカッとしてしまったりする場面が出てきてしまうことも…しかし!そうであるおかげで互いに最高のパフォーマンスを出すことが出来るのだそう!つまり男性脳と女性脳は最高のパートナーであると仰っていました!

そういったことから考えると、仲良くすることもとても大事なことですが、時には言い争ったりすることも、2つの見方を採り入れて最高のパフォーマンスを出すためにお互いにとって大事な経験になるということなんですね♪

 

なので自分のパートナーにイラッとしているという人は「イラッとするということは自分は間違いない相手を選んでいるんだ!」と思ってもらえると良いのではないでしょうか!という目から鱗なお答えも頂きました( *´艸`)

 

最後にもう1つ面白い話も…

それは、「これ、あれ、あそこ」は伝わらないと思った方が良い!ということでした!Σ(゚Д゚)

ここまでの話で分かった通り、そもそも2つの脳はビューセンサーが違うので見ている所が違います!この仕組みをあらかじめ知っておくことで「何で分かってくれないの?」ではなく「あーこれが伝わらないのは仕方のないことなんだ」と思えるかもしれません♪

 

ここまでの2回を通して教えて頂きました男性脳と女性脳についてのまとめ!

上西さん曰く、「男女の脳は互いに違うことを認識して愛の幻想を捨てれば最強の組み合わせである」とのことでした!

気持ちも大切ですが、それぞれの脳のシステムがあるということを理解しておくこともパートナーや周囲の人々とのコミュニケーションを円滑に進めていくために大切なことなんですね( *´艸`)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5808

2019/07/24 カラダグッドタイム!~子供の体力のつけ方について~

カラダグッドタイムのおさらいです!

前回は夏休み目前!ということでプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さん子供の体力のつけ方について教えて頂きましたよー!

 

子供の体力のつけ方といっても、なかなか一言では言えないそうです。そこで今回は日頃運動をしない子供に運動をさせて体力をつけさせるにはどうすれば良い?という点に関して教えて頂きました!

 

実はプログレスでも子供向けのレッスンをしているらしく、その子たちを見て思うのは…昭和の遊びが身体に1番良い!ということなんだそう!Σ(゚Д゚)

例えば、竹馬→バランス感覚を鍛える・地面と足との距離感をつかむ練習にも風車→回すために吹くことが呼吸のトレーニングになる、などこれらは非常に良い運動になるんですって!

親子で昭和の遊びの楽しさを知って、ハマってもらうというのが1番楽しく運動が出来る良い方法のようです!

 

滋井さん曰く、「子供の体力をつけるのに高度なことや複雑なことはしなくても大丈夫!」とのことでした。

そして、それはプログレスでやっているレッスンでも同じなようです!実際にされている内容をいくつか教えて頂きました↓↓↓

 

・人工芝の上をみんなでゴロゴロ転がってもらう→身体の触覚を敏感にして身体の位置感覚をしっかりとみつけてもらうため。

・風船を使った運動→風船を膨らませたり、膨らませた風船を落とさないようにフーフー吹く運動。呼吸のトレーニングになる。

・トランポリン的な運動→ジャンプする感覚(前庭覚)を鍛える。空中の感覚や重力をしっかり感じるといったことを養ったりしている。

こういったシンプルなことでも子供の運動感覚や体力をつけることに効果があるそうです!こういったことならお家や近所の公園なんかでも色々出来そうですよね♪

 

また、滋井さん的に子供と体力についてコレは伝えたいなということは?という質問もさせて頂いたところ、大人にとって大切なお話をしてくださいました(; ・`д・´)

 

そもそも、何故このような遊びをした方が良いのか?というところから考えることが大事!

よく言われるように、現代の遊びではテレビゲームなど身体を動かす機会が減っているということもあるそうですが、それよりももっと前の段階の話で、《子供と大人の触れ合いが少なすぎる》という問題があるとのことでした。

例えば、ベビーカーやベビーベッドなどの様々なベビー用品が進化するにつれて、寝かしつけがすごくラクになっている。子育ての負担が減るという素晴らしい一面も勿論大事なことです!

しかし、寝かしつけというのは元々抱っこをしながら、家族がかわりばんこで赤ちゃんと触れ合いながら、行われていたもの。こういった機会が減っていくことで子供の身体能力や触覚、重心感覚などを身につける機会が減っていくことに…

この抱っこの例で言うと、赤ちゃんは抱っこされながらその抱き方に合わせて自分の良い位置に身体を移動させるということを自然にやっているのだそう!

実はこれも立派なトレーニング!日常的な触れ合いの中にも様々なトレーニングがあるんですね!Σ(゚Д゚)

 

勿論、スポーツ教室に通わせることも良いことです!ですが、実は家で簡単に出来ることもいっぱいあるんです♪

昔からある触れ合いの1つに、四つん這いになって子供を背中に乗せてお馬さんごっこというものがあります。皆さんの中にも、子供の頃にしていたり、今現在ご自分のお子さんにしてあげたりしている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

これ、実は乗ってる子供の方も結構大変!バランス感覚が鍛えられるうえに、親子の触れ合いも生まれる遊びなんですって!

加えて、触れ合うことで肌感覚や触覚とかを養ったりすることにもなるようです!

 

そして大切なことがもう1つ!《笑うこと》なのだそう♪

遊びや触れ合いで楽しくなった子供は笑う→笑うことで横隔膜や腹筋を鍛えたり、呼吸のトレーニングにも!

まずはすぐ出来ることとして「ふれあい」から始めてみることが有効かもしれません♪

この夏休みは家族みんなで昔の遊びをして大笑いしてみたりして、「ふれあいで体力づくり!」をしてみてはいかがでしょうか♪( *´艸`)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナー・滋井邦晃さんとoffice TIDAのキャリアコンサルタント・上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5800

ページトップへ