プログラム グッドタイム2019年8月

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

アーカイブ:2019年8月

2019/08/22 無限ナス

 

今日は、「無限ナス」をご紹介します。

 

材料 (1人前)

ナス

3本(300g)

炒りごま 大1

■ 調味料

鶏がらスープの素 小3

ごま油 小2

酢 大1/2

砂糖 ひとつまみ

 

作り方

1 ナスは洗ってヘタを切り、細切りにして2~3分水にさらし、水気を切っておきます。

2 耐熱容器にナス、鶏がらスープの素、ごま油を入れ、よく混ぜ合わせます。

3 蓋かラップをして、600Wで4分チンします。ナスから出た余分な水分は捨ててください。

4 熱いうちに、酢、砂糖、炒りごまを加え、よく和えたら完成です!

 

コツ・ポイント

コツもポイントも特になし!チンして混ぜてあっという間に出来上がり!

今日は、「無限ナス」をご紹介しました。

2019/08/21 カラダグッドタイム!~習慣化について~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

前回のカラダグッドタイムでは、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さん習慣化について教えて頂きましたよー!

 

上西さんが企業の方達から受ける相談の1つに「研修をするけど中々定着しない」、「行動まで繋がらない」といったものがあるそう。

今回は脳みそとキャリアの理論から習慣化についてお話して頂きました!

 

①脳の理論から考える習慣化

上西さんとそのお師匠様でもある黒川伊保子さんとのお話ではズバリ…【脳の習慣は痛い思いをしないと定着しない!】のだそうです(; ・`д・´)

ここでの痛い思いというのは「失敗を重ねるということ」

教えてもらって気付く→忘れてしまって痛い思いをする→改めて気付いて思い出す…これらを繰り返さないと脳は"気付く仕組み"が出来上がらないんですって!

つまり、失敗をして痛い思いをすることは無駄でも悪いことでもなく、習慣化するための第一歩になるのだそう♪

お二人曰く、「素直に習慣化する脳というのは逆に深い成長がないと思った方が良い」らしく、失敗は成長するために必要なもので前向きに捉えて良いのです!とのことでした( *´艸`)

 

しかしながら、『何回も失敗して痛い思いをしても覚えられないこと』とか『痛い思いをしていないのにどんどん覚えられること』というものも皆さんの経験上あったりしませんか??この謎についても教えて頂きましたよー!

 

『何回も失敗して痛い思いをしても覚えられないこと』

これは自分が本当に受け付けないものであったりするようです。完全に自分の中で受け入れられないものだったり、脳の使う割合によっては、コレは私には全く必要が無いものと判断されるようなものであったり…所謂、「嫌いなもの」になるのかもしれません。

感情ではなく、感情以外のところで拒絶しているものに関してはどれだけ失敗を繰り返しても中々覚えられなかったり定着しなかったりするものもあるようです( ;∀;)

 

『痛い思いをしていないのにどんどん覚えられること』

これは先程と反対に、「好きなもの」であるようです。初めの頃の上西さんのお話で【脳の3層構造】のお話がありましたが、まさにそのお話通りの動きがこの時脳みそでは起こっているようです!(※詳しくは『脳(思考)のクセとモチベーションの上げ方』の回のブログを参照)

 

簡単におさらいすると、「人間脳」「哺乳類脳」「爬虫類脳」という3つの脳みそが、自分がやろうとしている(やりたいと思っている)ことに対して"YES"を出すと、モチベーションが上がったり、目的も達成しやすくなるよ!というお話でした。

今回の話で言うと、「自分の好きな物事」に関してはこの3つのYESが出やすくなっていて、モチベーションが上がる&そのモチベーションを高いまま維持出来るということに!その結果、好きなことは習慣化して長く続けることが出来るという流れになっているようです!

好きなことに関して以外が中々習慣化しないというのはこういった脳の仕組みがあったからなんですね( ゚Д゚)

 

ちょっと辛いかもしれませんが、痛い思いをすることで脳が"気付く仕組み"を身につけていく、ということを頭に入れておけば、失敗も怖いだけのものじゃない!と思えるのではないでしょうか♪

 

ここまでは脳のお話でした。ここからはキャリアの理論から習慣化について教えて頂きましたよー!

 

②キャリア理論から考える習慣化

「上手くいかない時は気持ちを変えよう!」など思うこともありますが、気持ちとかって中々簡単には変えられなかったりしますよね…

そういった時は気持ちだけを変えようとするのではなく、違うところから変化を与えてみることがこのキャリア理論ではオススメされているようです!

 

上西さん曰く、『三者相互作用』というものがあるそう。これは…「個人的要因(気持ち)」「環境」「行動」というトライアングルがお互いに影響しあっているという理論なのだそう。

つまり、この「環境」と「行動」という部分を変化させること=「気持ち」を変化させることにも繋がるようなのです!

 

偶然にもこの日番組に送られていたメールに、「勉強が上手くいかない時に、お風呂に入りながらやってみたり、腕立て伏せをしながらやってみたりしてました!」というものがありましたが、この内容に関して上西さんも「正にそういうことなんです!!」と大絶賛されていました!(笑)

正に「環境」と「行動」の変化の両方を採り入れた素晴らしい取り組みのようです!!

 

気持ちが変わらない時は、好きな場所に行って「環境」の変化を起こしてみたり、「いつもしないような行動」をすること!(※これもまた大事なポイント!ただ変化を付けるのではなく、≪いつもと違う行動≫をすることで普段とは違う箇所の脳の回路に電気が流れるそうです)これが習慣化を助けることになるみたいですね!ヾ(≧▽≦)ノ

 

「脳の仕組み」と「実際の環境や行動の変化」どちらも習慣化のために必要なことなんですね♪こういったことを抑えておくだけで失敗を恐れず、普段の生活でも習慣化をよりよく進められるようになるのかもしれません♪( *´艸`)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5912

2019/08/15 オクラフライ

 

今日も

「あなたの仕事終わりの旨い一杯を引き立てる、美味しいアテ」を紹介していきます。

今日は、「超簡単!オクラフライ」をご紹介します。

 

材料 (1人前)

オクラ 4本

薄力粉 適量

塩こしょう 適量

ニンニク塩 適量

サラダ油 50ml

手順

1.

オクラはヘタを取り、たてに4〜6等分に切り、薄力粉を軽くつけます。

2.

フライパンにサラダ油をひき、1を入れて、揚げ焼きします。

3.

2をバットにあげ、ニンニク塩と塩こしょうをまぶします。

4.

3をお皿に盛り、出来上がりです。

コツ・ポイント

オクラはを揚げるときに、油はねのための火傷に注意してください。カリッとしたらバットに移してください。

夏に大量にもらうこと多いオクラ、いつもとは違うメニューで食べて見ては?

今日は、「超簡単!オクラフライ」をご紹介しました。

ページトップへ