プログラム グッドタイム2019年11月

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

アーカイブ:2019年11月

2019/11/28 カラダグッドタイム!~秋バテについて~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回ではプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さん「秋バテ」について教えて頂きましたよー!

 

皆さんは秋バテという言葉をご存知でしょうか?昔はあまり聞くことのなかったこの言葉ですが、そもそもどういう状態のことを言うのでしょう?

 

まず時期としては夏から秋に変わるにつれて気温だったり湿度だったりが大きく変わるというタイミング。こういったタイミングは人間の身体がその気候にあった身体に自身を作りかえようとする時期なのだそう。

特に昼夜の気温差が激しいと急激に身体を作りかえようとする為に、身体の休養を求めてしまうことから気怠さや眠気を感じるようになるんですって!

 

また、作りかえるための材料も必要とするので身体がそのエネルギーを欲して食欲も増すことに!

「太りたくないから」という理由で、食欲があるけど我慢をしてしまうと材料不足で身体の作りかえが行えない…結果、身体が気怠くなる等の症状が出るという悪循環にも!

こういったことが秋バテと言われる症状の原因なのでは?とのことでした。

 

そこで滋井さんにお聞きしました!

Q.滋井さんが四季に合わせて調整していることはありますか?

 

A.『身体に素直に!ですね』

例えば、食欲が増える時期は素直に食べる量を増やす!眠気が強くなっている時は睡眠時間を増やす!

身体が求めることに素直に反応することで滋井さんは季節的な気怠さや眠気を感じることは少ないそう。身体の欲求を抑え込み過ぎずに応えてあげることは大事なことなんですね♪( *´艸`)

 

但し、食欲が増しているからと言って何でも過剰に食べ過ぎてしまうと太ってしまうだけ!何を食べると良いのか?何度も聞いてはいますが、改めておさらいです!

【太りやすいもの】…甘いもの・果物・乳製品・アルコールなど

【太りにくいもの】…デンプンの含まれているもの(ご飯、小麦系のもの、イモ類等)・タンパク質など

 

同じ摂取するにしてもこういったことに気を付けるだけで太りにくくしっかりと食べることができるんですね!

(※太りやすいもので書いてあるものも必ず太るというわけではありません!あくまで過剰な摂取をすると太りやすくなってしまうかもということです♪なんでも適量で楽しむことが大切なんですね( *´艸`))

 

「秋バテだから何かをしなくちゃ!」ではなく、身体が何を求めているのか自分の身体と会話をしながらしっかりと季節の変化に対応していきたいですね!

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナー・滋井邦晃さんとoffice TIDAのキャリアコンサルタント・上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_6378

2019/11/27 カラダグッドタイム!~続・リスナーの方からの質問~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回では前回に引き続き、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんの元に寄せられたリスナーの方からの質問に答えて頂きましたよー!

 

今回の質問はコチラ↓↓↓

Q.先日会社の会議の時に気づいたのですが、男性の方がペン回しや貧乏ゆすりをする人が多くて気になります。これは男性脳の特徴なのでしょうか?(50代女性)

(※男性脳型・女性脳型というのは実際の性別である男性・女性とは関係ありません!詳しくはこれまでの上西さんの回のブログを参照。)

 

A.これは男性脳特有の仕草なのだそうです!一見無神経に見えるこの仕草ですが…感じたことを言葉にするのが苦ではない女性脳型(0.6秒で感じたことを言葉に出来ると言われている)に対して、男性脳型は言語脳と繋がっている側の手足を無意識に動かすことでその活性を助けているんですって!

具体的に言うと、男性脳型からは理解が難しい女性脳型の話もこの無意識の仕草で脳を活性化させることで一生懸命聞こうとしているということなのだそうΣ(゚Д゚)

一見イライラして見えがちなこの動作も実は男性脳型の愛すべき無意識の努力なんですね♪

こう考えると相手に対して優しくなれそうですよね( *´艸`)上西さん曰く、これも大事な他者理解とのことでした!

 

但し、このパターンが当てはまるのは男性脳型の人が誰かの話を聞いている時に限ってのことなのだそう。同じペン回しや貧乏ゆすり等の仕草でも状況によって様々な種類があるということを覚えておきましょう!

 

また、女性脳型がペン回しや机をトントンし始めたりした時はそうとうイライラしている時のサイン!!これは先程の無意識の努力とは全く違うものなので要注意!なんですって(; ・`д・´)

このサインに気づいてほしい女性脳型に対してあまり気に留めない男性脳型の方もいらっしゃるかもしれません…

しかしこれにはどうしようもないそれぞれの脳の違いがあるんです!

 

以前教えて頂いたビューセンサーの違いを思い出してみましょう!

近くのものから見る女性脳型にとっては、今回の質問をされたリスナーの方のようにこういった仕草が気になって見えてしまうそう。

しかし、遠くから見る男性脳型からすると目の前のこの仕草に気づかないということがあるということなのです!

 

同じ仕草でもその意味合いや見え方にこれだけの違いがあるんですねΣ(゚Д゚)

一見相容れないように思えますが、お互いの違いを理解しておくだけで、女性脳の人は男性脳の人に優しくなれるかもしれませんし、男性脳の人は女性脳の人が出す危険シグナルに気づけるようになるかもしれません!

色々な場面で様々な人と素敵なパートナー関係を気付いていくためにもお互いの脳の愛すべき違いを知っておきたいですね♪( *´艸`)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_6356

2019/11/26 カラダグッドタイム!~前太もものハリについて~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回ではプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんに以前番組に送られてきたメールにあった前太もものハリについて教えて頂きましたよー!

 

実はこのメール自体は普通のメッセージとして送ってきて頂いたものだったのですが、樋口本人も非常に気になっていたことだったということもあり滋井さんに改めて色々と教えて頂きました♪

そのメールの内容というのがこちら↓↓↓

『子供を3人産んで体形が変わってきた。特に前太もものハリが強いことに気づいて寝る前にストレッチや筋トレをしている。』

 

滋井さん曰く、この悩みは非常に多いのだそう!

では、そもそも前太ももが張る理由とは何なのでしょうか?

 

滋井さんがこの件で相談を受けてきた人たちにはある共通点があるそうです…それが…

「足を細くしたい!」といったこと等からジョギングや筋トレに励んで太くなった前太もも達をなんとかしようとしている!という点なのだそう。

一見正解のように見えますがこれが間違いである可能性があるようなのです!(; ・`д・´)

 

人間の身体は常に重力に影響を受けているというのはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ここで大事なのはその重力に対して身体をどこで支えているかということらしいのです!!更にこのことで筋肉の発達具合も変わってくるのだそうです!Σ(゚Д゚)

 

支えの基本は骨!!この仕組みを滋井さんが鉄筋コンクリートを例に教えてくださいました!

 

鉄筋コンクリートというのは鉄筋→骨、コンクリート→筋肉の役割で支えているというもの。骨である鉄筋が歪んでいたり、ズレていたりするとコンクリートにかかる負荷が大きくなり、その結果ひび割れてしまったり変形してしまったりしてしまいます。

 

これと同じことが人間の身体で起きるとどうなるのでしょうか?

実は人間の身体だと、その状態に適応しようとして筋肉を大きくして、太く支えが強い状態にするのだそう!これが太く張ってしまっている原因…つまり【骨の歪みとズレ】に大きな問題があるんですね!!Σ(゚Д゚)

ここを治さずに脂肪を燃焼しようと筋トレなどに励んでも、支えている所が更に太くなっていっていってしまうことに…

自分の身体の中で何もしてないのに発達している箇所がある場合、そこに何かしらの負荷がかかっているサインかもしれないとのことでした。

 

次に、自分がどこで身体を支えているのかチェック出来る簡単な方法を教えて頂きました!

≪チェックの手順≫

①座っている状態で腹筋を触ってみてその硬さを覚えておく。

②上半身を前に倒して前傾姿勢をとってみて腹筋はどうなっているかを確認して覚えておく。

③自分の身体で支えられる範囲で後ろに身体を倒していってみる(背もたれにもたれかからないように注意!)。そうすると腹筋が硬くなる角度があるはず。

その角度で立っている時というのが腹筋を使って支えている角度ということ!(この時足が地面から離れていても問題ないそうです)

 

では今度はこの方法を応用して太もものチェックをしてみましょう!

≪太もものチェックの手順≫

①立った状態で太ももの硬さを手で触りながら確認する。

②そのまま体重を前気味にするとどうか?後ろ気味にするとどうか?確認してみる。

この時に太ももがガチガチになってしまうような角度が太ももがドンドン発達してしまうような立ち方ということ!

 

今回のメールの方のように赤ちゃんがいるお母さん方は抱っこをしながら動くことが多く、落とさないように反り気味の姿勢になっていることが多いそう。そうして後ろ体重になると、身体の前半分が緊張してしまい太ももばかりで頑張って支えてしまうような形に…

更にそのクセがついてしまっていると抱っこを卒業した後でも前張りが起こりやすいようになってしまうそうです(; ・`д・´)

 

こういった状態を治すには、骨盤や背骨の形のズレを自分で治せるように動かし方の練習から始めることが必要なようです!

何をすれば良いのか難しい時は、滋井さんのような専門家の方と相談してみると改善の道が見えてくるかもしれません♪( *´艸`)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナー・滋井邦晃さんとoffice TIDAのキャリアコンサルタント・上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_6326

ページトップへ