プログラム グッドタイムカラダグッドタイム!~寒暖差アレルギーについて~

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/03/11 カラダグッドタイム!~寒暖差アレルギーについて~

季節の変わり目や、夏や冬のように室外と室内の温度差が激しくなると、体調を崩しやすいという声が聞かれやすくなりますよね。

特に今の季節に鼻などの調子が悪くなるとついつい花粉症と思ってしまいがち・・・

ですが、花粉症にしては様子が違う…でも風邪でもない、といった症状の場合、もしかしたらそれは血管運動性鼻炎の可能性があるかもしれないとのことでした!

 

今回のおさらいでは、ペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんにこうした寒暖差アレルギーについて教えて頂きました!

 

Q.そもそも寒暖差アレルギーとは?

A."アレルギー"と言われるとその素になるものが体内にあると思われがちなのだが、寒暖差アレルギーに関してはアレルギーの素となるアレルゲンが無いそういった場合で今回のような症状が表れた際に血管運動性鼻炎と言われることがあるそう。

 

Q.対処法は?

A.運動指導的観点から言うとすれば、自律神経が乱れている時にこの症状になりやすいとのこと。その為、運動をして身体をリフレッシュしたり、リラックスさせてあげたりしてストレスを軽減させることが良いのでは?と提案しているそうです。

普段から運動不足気味の方で、この時期に特に寒暖差アレルギーを感じるという方は、冬の間の運動不足がその原因に関わってきていたり…

これからでも良いので是非ストレッチなどの簡単な運動から始めてみては?とのことでした!

 

また、この症状は成人女性が割と多く抱えていると言われているらしいです。理由としては、男性よりも女性の方が筋肉量が少ないので温度差に対する熱を作り出すことが上手く出来にくかったりするのだそう

なので女性に関して言えば、筋肉に刺激を与えるような筋トレを含めた運動がオススメとのことでした!

 

常日頃からの運動とバランスの良い食事で自律神経を整えてあげることが大切なんですね♪

 

更に、運動の意外の自律神経の整え方として、オススメの呼吸法も教えて頂きましたよー!

 

クシャミや鼻水が出ていると鼻呼吸をすることが苦しかったりしますよね( ;∀;)

口呼吸からで良いので、吸う呼吸より吐く呼吸を長くしてみましょう!

(例)8秒間で吸って、倍の16秒間で吐いてみる等

息を長く吐ききることを意識してみると交感神経と副交感神経のバランスがとれてきたりするそうなので、是非やってやってみてくださいとのお話でした!

以前にもお話頂いたように、呼吸も筋トレになる!という言葉を思い出して、そこから意識していくというのも覚えておきたいですね♪

 

これまでのカラダグッドタイムのブログにも何度も出てきましたが、自律神経って身体の様々な症状に本当ーーーに頻繁に関わってくるんですね!

花粉症だけではない、アレルゲンをもたない寒暖差アレルギーもこの時期にあり得るということ、改めて勉強になりました!!

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、ペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダに関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にもTwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

image1

ページトップへ