プログラム グッドタイムカラダグッドタイム!~お腹周りについて~

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/03/26 カラダグッドタイム!~お腹周りについて~

今回もまだこちらに載せていなかったカラダグッドタイムのおさらいをしていきますねー!

 

ダイエットをするうえでやはり気になりがちなのはお腹周りのお肉…

今回はそういった悩みについてペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんに、実際によく相談に来られる産後のお母さん達のお悩みを例にお話して頂きました!

 

産後のお母さん達のお悩みで特に多いのは、体重は落ちているのにお腹周りのお肉だけ中々落ちない!ということだそうです。

まずこれがどういった仕組みで起きていることが多いのか、という点から知っていくことが大切!ということで最初にその仕組みについてお話して頂きました。

 

≪骨盤底筋の面から考えるこれらの仕組み≫

 

妊娠中、長い期間お腹の中にいる赤ちゃんを支えていた部分を、骨盤の底からハンモック状で更に支えていた筋肉が骨盤底筋。これは産後、外から見ても特に問題も無かったり、動き的にもそんなに気になることはなかったりするそうです。しかし、長い間支えていた骨盤底筋は実はかなりのダメージを受けているらしいのです。

この骨盤の底というのは、骨盤内にある膀胱や子宮(女性ならば)、直腸などがあり、排せつ行為を行ううえで大切な臓器たちが詰まっている場所なのだそう。

その臓器たちが先程述べたハンモックの上に乗っているとイメージしてください。

実際にハンモックに重いものを乗せるとどうなるか?下に下に垂れ下がっていきますよね?

同じ状態を身体で考えると、ハンモックに乗っている臓器たちが通常、本来あるべき位置から下に下がっていってしまうということになります。そしてこれこそがポッコリお腹の原因に!

 

 

ではこれを解消するために皆さんどんな運動をしますか?よくあるのがお腹周りを中心で痩せたいから、と腹筋運動を始めるということ。

しかし、これではあまり効果が得られないそうなのです!

 

先述したような下腹のポッコリお腹の場合、上半身を起き上がらせる腹筋運動等を行ってしまうと骨盤内の臓器が更に下に下に押し出されてしまうことに…!

それに負けじと骨盤底筋も一生懸命支えようとしてくれるみたいなのですが、今回の例のように産後であったりするとダメージを受けている分、筋力が落ちていたりして中々支えきれないそうなのです…(特に女性はこの筋肉が柔らかく薄いため、より骨盤内の臓器が下がりやすいそう)

 

こういったことから、一生懸命腹筋運動を続けていても思うような結果に繋がらないということもあるそうです。

 

では、どうすればその効果を得られやすくなるのか?それは・・・

 

「骨盤のスイッチ」から始めてみること!

久保田さんが実際に進めていらっしゃる方法なのだそう!

まずは、尿を我慢する、又は尿を止めるような感覚を意識して行えるかどうか?これが出来ることが大切なのだそうです。

これが出来ました!というアナタ。次はそこから別の筋肉も動かすことを意識してみましょう!

実は尿意を我慢できる力だけでは骨盤底筋の力を発揮することは出来ないのだそう。筋連結といって、太ももの内側とお尻の力を借りることによって骨盤底筋は最大の力を発揮することが出来るようになるとのことでした!!

 

この2つの筋肉を鍛えるようなトレーニングを先程の腹筋運動等に一緒にとりいれていくことで、ポッコリお腹の解消だけでなく、ヒップラインを上げたり、綺麗な脚の形も出来たりするそうです!

実際に久保田さんが教えていらっしゃる方にはこうした運動を行うことで、お腹周り以外にも両脚の間に隙間が出来た!という方も!

 

腹筋と一緒にこういったトレーニングを入れていくことが是非オススメです!とのことでした♪

 

最後に、腹筋は鍛えすぎると固まってしまったりもするので、お風呂などで縦や横に腹筋をつまんでほぐしてあげることも大切です!とのアドバイスも頂きましたよー!

柔らかくほぐれている状態であると腹筋が上手く働きやすくなるそうです♪そういった痩せやすい身体ベースを作ってあげることも大切なんですね!

今回は産後のお母さん達のお悩みを例にお話して頂きましたが、そうでなくとも骨盤底筋を働かせやすくするためのトレーニングの仕方として参考になさってはいかがでしょうか??

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、ペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダに関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にもTwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

image1 (1)

 

ページトップへ