プログラム グッドタイムカラダグッドタイム!~世代間コミュニケーションギャップについて~

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/09/25 カラダグッドタイム!~世代間コミュニケーションギャップについて~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

新入社員の方達が入社して半年を迎えることが多いこの時期。業務にも慣れてきて、心に余裕が出てきはじめると目がいくようになってしまうのが人間関係…

ということで、この回のカラダグッドタイムではoffice TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんに、この時期非常に相談が多いという世代間のコミュニケーションギャップについて教えて頂きましたよー!

 

この回は前編ということで、上西さんが実際によく聞くそれぞれの世代の思い込みや本音の例をいくつか挙げて頂きました!

その例のまとめがコチラ↓↓↓

 

【昭和世代→若手社員世代(ゆとりやさとりの世代として一括りにされがちな世代)への思いこみの例】

・甘やかされて育ってきた…自分たちはゴキブリのように叩かれて育ってきたのに対して、カブトムシのように環境や良い餌などを周りから整えてもらって育ってきただろうという思い込み。

・競争をしてきていない

・成長意欲がない

 

これらに対しての若手社員世代の本音は・・・

『自分達も両親から厳しく育てられてきた!/自分達も同じように色々な大会や受験など様々な競争を経験してきている!/寧ろもっと成長したいと思っている!』

 

【若手社員世代→昭和世代への思い込みの例】

・飲みにケーションが好きすぎる…これは関東や関西と比べて、宮崎で受ける相談に多くあるそうΣ(゚Д゚)

・アナログ派である…若手社員世代からみると何であんな無駄なことをするのだろう?という疑問に繋がるようなこともあるそう。

・ミーハーである

 

これらに対しての昭和世代の本音は・・・

『その人の人柄や性格、本質という部分を知ってこそより良い仕事が出来る。ただ飲みたいだけではなく、そういった意味があって飲みにケーションを大事にしているのだということを知ってもらいたい!』

『紙や手書きだからこそ出来るコミュニケーションがある(例・何かしらのお礼状など)。こういったことを大切にしてきたことで、関係性を作り上げることが出来たという成功経験が実際にある!』

『ミーハーなのではなく、いつもアンテナを立てているだけ!』

 

・・・さて、ここまでの例を見て、皆さんどう思ったでしょうか?上西さんが研修会でこういったことをまとめたパワーポイントを見せると、どの世代の方も苦笑いをされることが多いそうです(笑)

 

更に、これらの他にもう1つの思い込みのパターンもあるそうで…それは、良い思い込みなんですって!

一見良いことのように聞こえますよね?

これは例えば、若手社員世代はSNSなどにも慣れているから想像力や発信力があるだろう!というポジティブな方向での思い込み

しかし、若手社員世代から出る本音では、『自分達はネットに慣れているだけで、イコール想像力や発信力がある!というわけではない』

という所謂、買い被りになってしまっているようなこともあるそうです!

 

≪無駄話が生産性をあげる!≫と言われるように、お互いの本音や本質を知ることが両世代にとって非常に大切になってくるとのことでした( *´艸`)

こういった世代間コミュニケーションギャップの解決策はどういったものになるのでしょうか!?

答えは、次回の上西さんの回で教えて頂きますよー!!次回もお楽しみに♪

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5934

ページトップへ