プログラム グッドタイムカラダグッドタイム〜雨の日を心地よく過ごすには〜

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2020/06/17 カラダグッドタイム〜雨の日を心地よく過ごすには〜

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

なんと3日に1回は雨が降る日本。人生の3分の1は雨と付き合わなければなりません。

体はともかく心が重いと感じる方が多く、カウンセリングも多いこの時期。

この回ではoffice TIDA、ハラスメント・ネゴシエイターの上西有加さんに雨の日を心地よく過ごす方法をお伺いしました!!

 

<雨の日だけど頑張ろう!は通用しない>

 

梅雨時期は湿気気圧でテンションが下がってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

なぜならば、梅雨時期の湿気や気圧が脳幹の自律神経に影響を与えてしまい、脳幹が歪んでしまいます。

 

ホルモンや免疫をつかさどる脳幹が歪んでしまうと副交感神経(リラックス)と交感神経(アクティブ)のバランスをとっている自律神経がバランスを取れなくなってしまいます。

 

マイナス感情が出てきてしまわないように自分なりの歪みの整え方を持ちましょう!

 

<脳幹の歪みをとるには>

 

①ストレスとストレッサーを分けて考えましょう。ストレッサーはただの刺激。マイナスに捉えないことを心がけましょう。

 

②幸せホルモンのエンドルフィンを出すことです!!エンドルフィンは、雨の日の頭痛にもきく鎮静剤にもなるそうです。

 

エンドルフィンを出すには、、、誰かと触れ合うことです!!

手当てという言葉があるように触れ合うことで幸せホルモンは出てきます。

 

誰かやペットと触れ合ったり、子供をハグする、背中をさするなどしてみましょう。セルフハグもいいでしょう。

 

 

<アドレナリンも出しましょう>

 

そのあとやる気を出したい方は両手を上げて肩幅に足を広げるブイの字ポーズでアドレナリンを出しましょう!!

 

ちなみにランナーズハイもエンドルフィンが出ている状態だそうです!

 

ハグ&ブイそして走ることで幸せホルモンを出し、この梅雨を乗り越えましょう(^^)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回のoffice TIDAのハラスメント・ネゴシエイター、上西有加さんと、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

 

ページトップへ