プログラム グッドタイムカラダグッドタイム〜リモートハラスメントの対処法〜

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2020/07/29 カラダグッドタイム〜リモートハラスメントの対処法〜

カラダグッドタイムのおさらいです!

 宮崎からも多い、リモートハラスメント(テレワークハラスメント)のお悩み。みなさんご一緒に考えてみましょう!!

 

〈リモートハラスメントとは?〉

 

・画面を写す必要がないものにリモートを強要してくる

 

・どうしても映ってしまう洗濯物やプライベートなものに対して「そんな趣味があるの?」などと言ってくる

 

特に多いのが、セクハラパワハラ、または「しっかり仕事しているのか?」という言葉のハラスメントも起きます。

 

ずっと画面を繋ぎっぱなしにしとく企業もあるようです。リモートワークは便利なものですが、8の人がストレスを感じています。気をつけなければハラスメントが出てきてしまいます。

 

画面で顔が見えるといえ、雰囲気や細かな表情がわからず、嫌がっていることに気づかない人もいるのでしょう。

 

また、子供の声やペットの声がうるさいなど対処しきれない事を言う人もいるそうです。

 

リモートワークは普段話せないことや悩みを2人っきりで話せていい面もあります。良いものにするためには予防が必要です。

 

〈リモハラの予防策〉

 

・電話で済む事まで画面を繋がない

・一日中繋ぐのではなく朝礼と終わりだけ画面を繋ぐ

・背景をみんなで揃えてみる

・リモート飲み会は何時までと決める

 

〈上司の立場〉

・部下を信頼する

・結果より過程を大事にする

・評価制度を設ける

 

〈リモハラをされたら〉

・上司に相談する

・録画の機能をつかう

 

リモートワークをより良いものにしていきましょう(^^)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回のoffice TIDAのハラスメント・ネゴシエイター、上西有加さんと、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

ページトップへ