プログラム グッドタイム

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2020/03/18 カラダグッドタイム!~ポジティブになるには(前編)~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回ではoffice TIDA、ハラスメント・ネゴシエイターの上西有加さんポジティブになるためには(前編)ということで、ポジティブとネガティブの違いや自分の考え方のクセを理解することについて等色々と教えて頂きましたよー!

 

 

ポジティブとネガティブの違いとは?

 

これについては色々な側面から考えることが出来ますが、上西さんの専門であるメンタルの面から言うと『認知』が違うのだそう!

 

『認知』とは…同じ物事に関してどう感じるか、というもの。物事の「捉え方」と思ってもらえると良いとのことでした。

 

そしてこの捉え方の違いがポジティブになるのかネガティブになるのかを生むのだそうです!

 

 

≪認知(捉え方)の違いの例≫

 

・仕事上で受注数の記入ミスをしてしまった際にどう考えるか?

 

Aさん・・・「これくらいのことが出来ないなんてビジネスマンとして失格だ…」「任された仕事もきちんと出来ないなんて、自分はなんてダメなんだ…」

 

Bさん・・・「今回みんなに迷惑をかけてしまったから、次は間違えないようにきちんとチェックしよう!」「今日はこんなミスをしてしまったからこそ他のことで挽回しよう!」 

 

 

あなただったらこの失敗をどんな風に捉えるでしょうか?

この2つの例で言うと…

 

Aさんのような捉え方の場合、物凄く気持ちがへこんでしまいますね( ;∀;)

そして、それが続いていってしまうと、責任あることから逃げていく行動をとるようになっていってしまうのだそう!

 

反対にBさんのような捉え方の場合、失敗はしてしまったがそれを何とかして挽回しようとする次への活力が出て行動も前向きになるのだそうです!

 

 

このように気分と行動に影響を与えるのが『認知』というもの!

上西さん曰く、出来事と行動は直結しているのではなく、その間に「捉え方」が入って繋がっていくのだそうです!Σ(゚Д゚)

 

そして、その「捉え方」について考える時は、気分と行動を分けて考えると良いとのことでした!

しかしながら、実際はこれを分けることが出来ていない人の方が多いのだそうです…(; ・`д・´)

 

気分があってこその行動だと思ってしまいがちですが、敢えてその二つを分けて考えるということが自分の「捉え方」を考えるとっかかりになるようです!

 

 

とは言っても具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

 

上西さん曰く、ポジティブになるために!という点で言うと、『認知の歪み』をみていくと良いとのこと!

これは所謂、考え方のクセと思うと良いとのことでした!

 

 

≪『認知の歪み』の例≫

 

【マイナス思考】…全ての物事をマイナスに捉えてしまう。

 

【結論の飛躍】…「○○が~だから私のことが嫌いに違いない」など勝手に妄想することで根拠の無いストーリーを組み立ててどんどん悲観的になってしまう。

 

【~べき思考】…「政治はこうあるべき」「母親はこうあるべき」などの考え方。日本人に多いのだそう。

 

【白黒思考】…全か無か、といった考え方。

 

 

今回はいくつかの例をあげてもらいましたが、こういった中のどれに自分が当てはまるのかということをまず知ってみるということが「捉え方」を変える第一歩になるとのことでした!

 

皆さんが当てはまる考え方のクセはありましたでしょうか?

 

次回は自分のクセが分かったうえで、どうやってそのクセを直せば良いのかについて教えて頂きますよー♪( *´艸`)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回のoffice TIDAのハラスメント・ネゴシエイター、上西有加さんと、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

2020/03/10 カラダグッドタイム!~セロトニンを分泌するためには~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回ではプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんセロトニンを分泌するためのポイントをいくつか教えて頂きましたよー!

 

先日、樋口が見かけたとある記事で冬の時期ならではの「冬季うつ」というものがとりあげられていたのだそう。そして、その対策の1つとしてセロトニンを分泌するようにしてください。と書かれていたらしいのですが…

 

『そもそもセロトニンって何?そして、どうやって分泌すれば良いの?』という疑問が湧いてくる方もいらっしゃるはず…(; ・`д・´)

 

ということで!これまでに教えてもらったことの復習も含めて、これらの疑問に今回は答えて頂きましたよー!

 

 

Q1.そもそもセロトニンとは?

 

A.脳内で分泌されるホルモンの一種。幸せホルモンと言われたりすることも。

 

 

Q2.セロトニンを分泌するためにはどうすれば良い?

 

A.ここでは栄養・運動・運動以外の方法の3つのポイントを教えて頂きました!

 

①栄養的観点

 

基本的にはセロトニンはアミノ酸を中心につくられるもの。そして、これまでにも教えて頂いたようにアミノ酸はタンパク質に含まれています!

なので、セロトニンをつくるための材料(アミノ酸)集めとしてまずはきちんとタンパク質を摂るようにしましょう!とのことでした♪

 

 

②運動的観点

 

滋井さん曰く、リズム運動がオススメとのことでした!

 

リズムと言ってもダンスに限ったことではなく、徒歩やジョギング、自転車や筋トレなどを規則正しいリズムで行うことで良いそうです♪

 

以前にも教えて頂いたように、そもそも身体を動かすこと自体がセロトニンをつくるキッカケになるので、適度な運動をするということが大事なんですね!

 

ただここで気を付けてもらいたいポイントが!

あまりハードな運動をしてしまうと、セロトニンではなくアドレナリン等の興奮するホルモンが出てきてしまうのだそうΣ(゚Д゚)

 

セロトニンはこういった興奮や落ち込みなどをコントロールしてくれる役目があるそうなのですが、ハードな運動でアドレナリン等を多く分泌してしまうとそのコントロールが効かなくなってしまうそうなのです。

 

セロトニンを分泌することを目的として運動するのであれば、適度な運動=自分がリラックスしながら楽しめるレベルの運動をするようにした方が良いようです!

 

 

③運動以外の方法でセロトニンを分泌する方法は?

 

ポイントになるのは人と人とのコミュニケーション!いわゆるスキンシップなんですって!( *´艸`)

例えば、人と会話をするということでもセロトニンは分泌されると言われているそうです!

 

また、子供やパートナーとのスキンシップもセロトニンに関わるホルモンが出ると言われているようです♪

 

例えば、子供を抱っこした時に心が温かくなるような、なんだかフワッとした独特な感覚になったことはありませんか?

滋井さんはこの感覚が分泌されている感覚なのでは?と感じていらっしゃるそうです!

 

肌と肌との触れ合いは子供にとっても大人にとっても大事なこと!

疲れているなー…と感じた時は子供やパートナーとハグをしてみるとセロトニンの効果で癒されるかもしれませんね♪

 

ちなみに、もしそういった相手がいない場合は、抱き枕やセルフハグ(自分で自分を抱きしめること)でも良いそうです!

 

滋井さんが読んでいらっしゃる文献によると、セルフハグのような自分で自分の肌を触るということはセルフセラピーというものにあたるらしくその効果は有ると言われているのだそう!これなら自分ですぐ実践出来ますし、取り入れやすいですね♪

 

 

タンパク質をとってアミノ酸を体内に摂り入れる+自分にあった適度な運動+スキンシップ(セルフセラピーも含む)をとる!

 

これらを上手に活用して幸せホルモンを沢山分泌していきたいですね♪( *´艸`)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回のプログレスのパーソナルトレーナー・滋井邦晃さんと、office TIDAのハラスメント・ネゴシエイター、上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_6613

 

2020/03/03 カラダグッドタイム!~男性に有酸素運動は必要ないって本当??~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

この回ではプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんに、最近ちらほらと話題になっている「男性に有酸素運動は必要ない?」という話について色々と教えて頂きましたよー!

 

まず、この有酸素運動は必要?必要ない?という質問について、滋井さんのお答えは…「どっちでもない!」でした!

 

そもそも「男性は」という捉え方ではなく、男性でも女性でもその人がどういう身体を目指すのかによって答えは変わってくるのだそう(; ・`д・´)

 

ではどういった場合が有酸素運動が必要で、どういった場合が必要ないのか…滋井さん的線引きをして頂きました!

 

 

【必要のない場合の例】

 

滋井さんがボディビルダーをしていた時、ダイエット時には筋肉をなるべく減らさずに脂肪だけを落とすようにしていたのだそう。そしてその為に、滋井さんはダイエット時の有酸素運動をしていなかったそうなのです!Σ(゚Д゚)

 

もちろん有酸素運動を採り入れているボディビルダーの方もいらっしゃいますが、滋井さんの場合は食事のコントロールと筋トレだけで落としていたとのことでした!

 

何故このようなことが可能なのか…その1つの理由としてボディビルダーのように筋肉が沢山ついているような方は、その筋肉が自然にカロリーを消費するという仕組みがあるようです!

 

滋井さん曰く、大型のトラックが常にアイドリングをしているような状態!走っていなくても勝手にガソリン(カロリー)を消費していきますよね?

この例えと同じで、こういった身体が出来ている方は普通に生活しているだけで有酸素運動をしているような状態に!Σ(゚Д゚)

 

その為、特別に有酸素運動を採り入れなくても食事のコントロールと筋トレだけでダイエットが可能だったとのことでした!

 

 

【必要な場合の例】

 

これまでのカラダグッドタイムでも何度か話に出てきていますが、近年の滋井さんはマラソンをされています!

その為、ボディビルダーだった頃と違って、なるべく筋肉の重さを減らすことを目指しているのだそう。

 

なので先程の例とは反対に、筋肉を増やすような運動は減らして、有酸素運動を採り入れることで心肺機能の強化にも努めているとのことでした!(; ・`д・´)

 

 

このように目的とする身体作りによって有酸素運動は必要にも不必要にもなってくるんですね!

 

また、今回の話のようなボディビルダーとマラソンランナーという極端な身体作りの場合ではなくても、目指す身体によって必要性が変わってくるという点は同じことが言えます!

 

健康で、人並みにキレイに、カッコよく見える身体になりたい!といった場合、有酸素運動をした方が脂肪は多く燃焼されるので有効な手段になります!

加えて身体のラインに関する部分などを形作りたい時には筋トレが必須になってきます!

 

つまり、自分の目指す身体に合わせて使い分けることが大事になるんですね!( *´艸`)

 

 

最後に、こういった様々な情報を自分に採り入れる際に気を付けないといけないことも教えて頂きました!

 

それは…「○○はしなくて良い!」「○○だけで良い!」などの刺激的なワードに単純に惑わされないようにすること!!(; ・`д・´)

 

例えその情報自体は間違いではなかったとしても、人によっては思わぬ落とし穴になってしまうことも…

 

『その情報が自分の目指す身体作りに合っているのか?』

 

あらゆる情報を有益に活用していくためにも、このポイントを忘れないようにしたいですね♪ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回のプログレスのパーソナルトレーナー・滋井邦晃さんと、office TIDAのハラスメント・ネゴシエイター、上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_6603

ページトップへ