プログラム グッドタイム

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/07/08 樋口、キレイになります!第10回

大雨も過ぎ去り、降ったり止んだり、涼しくなったり蒸し暑くなったり、はたと「あ、今梅雨でしたね。」と思い出させるあの雰囲気が戻ってきました。

ここを過ぎると本格的な夏が訪れます、その準備として熱中症関係の記事を集める日々です。

最近インパクトがあった熱中症関連のニュースとしては、65歳以上の男女入浴中の死亡事故の8割が熱中症に起因することが判明というものでした。寒暖の差で起こるヒートショックが主な原因だろうと思われていたようですが、なんと熱中症なんですって。

まだ若いからと気を抜かずにお風呂に入る人はみんな気を付けなくてはですね!

 

さて、このコーナーも今週で10回目、3カ月の企画なので残り回数も少なくなってきました。

 

毎日聞いてくださっている人には耳タコかもしれないのですが、途中から聞いた方や、初めてこのコーナーを聴いた方のために今週は再度「MARUKOの無料試着体験に行ったら何をするの?」を振り返りました。

 

まず初めて訪れた時には必ず採寸をします。

他社で私も採寸してもらったことがありますが、バストトップ、アンダーバスト、ウエスト、ヒップだいたい4か所を服の上から測って終了です。

 

しかしながらMARUKOの採寸は体重を含めて10ヵ所も計測

 

なんでこんなにたくさん計測するのか?それは全て自分にピッタリあった下着をつけるため!そのためです!!

 

今週竹田さんが衝撃的なデータを披露してくれましたね。

『人は一生でどれだけの時間下着を着用しているのか?』

皆さんも考えてみてください。

答えは出ましたか?

では、答えです。

人が一生で下着を着用している時間の総数は…46万時間 です‼

もちっと衝撃度を増した言い方をすれば52年半です‼

 

これはえぐい。

 

あの、もし、もしですよ?このつけている間中、あなたの下着がぜんっぜんサイズの合っていないものを着けてたとします。見栄っていうか、希望っていうか、すがるっていうか、認めたくないっていうか、多少痛くてもアンダーが小さめのもの着けてたりするじゃないですかっ。

脇からはみ乳してても「そのうち痩せるから」って何年も放置はみ乳してるじゃないですかっ。

 

わかる!すっごくわかる!そこから解脱して私はキャミソール一体型に入門しましたから。

でね、その合ってない型に52年以上体をはめ込んでたらどうなりますかってことなんですよ。

 

このコーナーが気になる方はご自分の体に目を落としてもらえればそれが答えかも。

グラマラス系の方もスレンダー系の方も今美しいバランスがとれているか、自信をもって脱げる方そういないのではないかと思います。

 

今年40の私の体もたった2カ月で変わってきています。

私なんかもう間に合わないって言葉を言うのは早いですよ!

 

コーナーでも言った通り『いつかMARUKOのボディメイクランジェリーを欲しいと思っているけど,今はちょっと難しい。でも自分の正しい体のサイズ、正しい下着のつけ方は知りたい!』という方も大歓迎です。

 

無料試着体験へ足を運んでみてください^^

 

初めて無料試着体験へ来られた方へのトライアル3点セット(詳しくは過去のブログをご覧ください)プレゼントは、竹田さんたちが本社に直接掛け合ってくれたおかげで今月いっぱいまで対象となりました!大感謝!!

 

このコーナー自体が期間限定コーナーですので、迷っている皆さんお早めにご予約ください。

 

コールセンターから最寄りのお店をご紹介いたします、お子様連れでもOKです!

0120-21-3705まで。

 

ではまた来週をお楽しみに♪

2019/07/04 枝豆の柚子胡椒漬け

今日も 「あなたの仕事終わりの旨い一杯を引き立てる、美味しいアテ」を紹介していきます。

今日は、「枝豆の柚子胡椒漬け」をご紹介します。

(材料)

枝豆 200g 柚子こしょう 小さじ1 ポン酢 大さじ2 砂糖 大さじ1 湯 100cc 塩 小さじ2

(作り方)

枝豆はよくこすり合わせて水洗いし、さやの両端をはさみで切り落とす。(ここ大事)

塩大さじ2を入れた熱湯で7~8分ゆで、すぐに冷水に落として色止めする。

熱湯に塩、砂糖を入れて溶かしてから、柚子こしょう、ポン酢を入れる。

2)の枝豆を水分をよく切って、3)に2時間以上漬け込む。

・汁気を切って器に盛りつける。

・完成

 

枝豆の両端を切ることで、そこから調味液がしみ込みます。

面倒臭いようですが、このひと手間を忘れないことです。

 

今日は、「枝豆の柚子胡椒漬け」をご紹介しました。

2019/07/03 カラダグッドタイム!~脳(思考)のクセとモチベーションの上げ方~

前回のカラダグッドタイムのおさらいです!

 

前々回の上西さんのカラダグッドタイムではストレスについてお話して頂きました。すると、上西さんのもとに様々な感想が寄せられたそうです!

その中で、「モチベーションの上げ方について教えて欲しい」というお声があったそう。

ということで、前回のカラダグッドタイムでは【脳(思考)のクセとモチベーションの上げ方】についてoffice TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんに色々と教えて頂きましたよー!

 

脳や思考のクセについてアメリカのポール・マクリーン博士は『脳は三層構造になっており、それぞれに考え方のクセを持つ』と発表しているそうです。(現代科学ではこのことがはっきりと否定されているようなのですが、思考のクセという観点から考えると今回の話もとても分かりやすいそうです)

 

ここでの三層構造というのは

①大脳新皮質という「人間脳」思考(倫理観、論理的思考)

②大脳辺縁系という「哺乳類脳」感情を司る(感情)

③脳幹という「爬虫類脳」本能を司る(本能)

という3つの脳のことで、この3つの脳みそが自分がやろうとしている(やりたいと思っている)ことに対して"YES"を出すと、モチベーションが上がったり、目的も達成しやすくなるよ!というお話なのだそう!

 

では、3つの"YES"までの道のりはどういうものなのでしょうか?

 

まず、思考の順番というのは人間脳から始まるようです。

人間脳とは倫理観などの「〇〇であるべき」といった考え方のことなのだそう。その考え方からここで最初のフィルターがかかってしまって、人によってはこの段階で"NO"の指示が出てしまうことも…

ここで人間脳から"YES"の判定が出たら次の段階の哺乳類脳へ進むそうです!

 

この哺乳類脳は感情を司る脳で、楽しくないと"NO"と出してしまうらしいのです!分かりやすくする為に、ここからはダイエットを例に説明して頂きましたよー!

例えば、ダイエットして10キロ痩せなきゃ(痩せたい)と思ってもそこに楽しい自分のイメージが湧かないと哺乳類脳は拒否をしてしまいます。

ダイエットや習い事などが中々続かないのはコレが原因だったりすることも…

そういったことからも、楽しい・ワクワクするステップこそが脳を味方にする方法と言えるそうです!

 

実際の例として、野球選手だった時の長嶋茂雄さんは自分がホームランを打つ新聞を自分で切り貼りして作っていた、というエピソードがあるそう。そして自分で先にお祝いをしてしまうという予祝というものをしていたらしいのです!

そうすることでワクワクするゴールや物事をイメージすることが出来、それが実際のプレーに出たのかもしれません。

こういった状態こそ哺乳類脳が"YES"を出してくれやすくなる状態であるという一例ですが、非常に興味深いですよね!(; ・`д・´)

 

なので、ダイエットでもこの洋服が着たい!こんな風になりたい!などを具体的に考えてみると良いかもしれません。想像力や妄想力が豊かな人は自分のやりたいことなどに関してもワクワクするようなことを色々考えられるといった点で成功に導かれやすいのかも?ということでした。

ちなみに、妄想力はあるけど諦めも早いという場合は何が原因?ということもお聞きしたところ、その想像や妄想で考えていることは、本気で楽しいと思うことを選んでいないのかもしれないとのことでした!言われてみるとそうかも…って思う人も少なくないかもしれません…

 

脳みそは結構簡単に"NO"を出してしまうそう。しかし、実は脳とは騙しやすいものでもあるそうです。自分が錯覚を起こしてしまうくらい想像力を働かせると"YES"を出すかもしれませんとのことでした!

そしてこの哺乳類脳が"YES"を出した場合、いよいよ最後の爬虫類脳へ進むことになります。

 

ここまで来たらあと1段階…ですがこの最後の爬虫類脳がちょっとやっかいなのだそう。

爬虫類脳とは本能の脳で、変化を嫌って私達を未知のものから守ってくれている脳(今のままでいいんだよといった考え方)なんですって!

 

この爬虫類脳が変化を受け入れるためのポイントは3つ!

①道筋を明確にしてあげること

ダイエットの例で言うと、1日に摂る水分を増やそう!とか1日に食べて良いチョコは〇個まで!とかを決めてあげる。

そしてその先のワクワクする未来の姿(あんな服が着たい!あのサイズが入るようになりたい!など)から逆算して具体的な方法を考えてみるというようなことなのだそうです!

 

②スモールステップであること

これも①と同時に考えてあげると良いことなのだそう。長期的なレベルではなく、1日単位のレベルで出来る行動を決めてあげると脳が"YES"を出しやすいということでした!確かに長期的なステップって途中でやめたくなっちゃいますよね( ;∀;)

すぐ出来る、ちょっとずつ出来るなどのスモールステップが大事なんですね!

 

③できないことも許してあげる、でも諦めないこと

例えば1日のチョコの数を決めていたけど今日は食べ過ぎてしまった…というようなことよくありますよね。

そんな時に罪悪感に囚われすぎるともう諦めたくなってしまいがち…

そういった時は諦めるのではなく、次の日の数を減らそう!など上手く帳尻を合わせることで出来なかったことを許してあげることも必要なようです♪

 

日本人は真面目な人が多く、出来なかったことに対しての自己嫌悪が激しくなってしまいがち。自分を許してあげることが難しい国民性なのかもしれませんね( ;∀;)

そういった点からも、1番最初の人間脳(〇〇であるべき)という段階からついつい"NO"を出してしまうのかもしれませんとのことでした。

〇〇するべきという考え方に囚われすぎていないかチェックしてみることも大事ですよ!とのお話でした!

 

上西さん曰く、「自分の脳は騙せる!そうすることでモチベーションも上がりやすくし、目的も達成しやすくなるかも!ワクワクすること、楽しむことが大事ですよ!」とのことでした♪( *´艸`)

今回のお話のような脳のクセを知ることで、3つの"YES"を出してモチベーションが上がりやすい・計画の実現がしやすい自分を作っていきたいですね♪

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5783

ページトップへ