プログラム グッドタイム

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/03/06 カラダグッドタイム!~ダイエットに関する睡眠について~

お久しぶりの更新になってしまいました!今回と次のブログには、まだあげていなかった二回分のカラダグッドタイムのおさらいをそれぞれ載せますね!

 

まず今回のおさらいは、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんに教えて頂いた『ダイエットに関する睡眠について』です!

睡眠がダイエットにどのように関わってくるのか?今回は2つの問題について教えて頂きましたよー!

 

 

①ホルモンバランスの乱れによる問題

私たちが空腹感や満腹感を感じる時というのはホルモンが食欲に関する指令(空腹感や満腹感を知らせる指令)を出して身体に伝えているのだそう。

この指令がきちんと伝わることで、ちゃんとお腹が空いている時に食事をとったり、これ以上は食べられないという満腹感をちゃんと感じたりすることが出来るようなのです。

しかし、睡眠不足が慢性的に起きてしまっているとこの指令を出すホルモンのバランスが乱れてしまい・・・

なんと!食欲に関する指令を出すホルモンが逆転してしまうそうなのです!!

逆転してしまうとどうなるのかというと・・

お腹がいっぱいのはずなのに逆転した指令によって空腹感を感じてしまい、それが食べ過ぎに繋がることに・・・!!(; ・`д・´)

 

このことによって、痩せようという意志はあるのに身体が言うことを聞かなくなってしまっているというパターンも。

ダイエット中なのについ食べてしまう…なんて自分は意志が弱いんだ…という悩みの裏には、実は身体がこの仕組みになってしまっている可能性もあるとのことでした。

もし、今紹介したようなことが原因である場合は、意志とかではなく身体の仕組みがこうなってしまっているので、まずはしっかりとした睡眠をとってホルモンバランスを正常に戻すことから始めてみましょう!とのことでした。

 

 

②自律神経の問題

次に教えて頂いた問題は、自律神経に関することでした。

自律神経は、交感神経身体が興奮したり、物事に集中したり、運動をする時等に働く神経)と副交感神経身体を休めたり、ご飯を食べた時に内臓がしっかり働いて、食べたものを吸収していく時等に働く神経)の2つが常にバランスをとっているのだそう。

しかし睡眠不足になってしまうと、ストレスホルモンであるコルチゾールというものが分泌されてしまい、これが作用して交感神経の方がどんどん強く働くようになってしまうそうです。

そうなると、バランスをとっているもう片方の副交感神経の働きが悪くなってしまいます。前述した通り、副交感神経は内臓の働きに関わってくるためこの神経の働きが悪くなる=内臓がちゃんと働かず、結果、内臓の調子まで悪くしてしまう、とのことでした。

 

更にここから負の連鎖が・・・

内臓の調子が悪くなると身体は吸収のしやすい食べ物を選びたがるようになるそうです。それがズバリ、お砂糖系!!

つまり、こういった状態の時、つい甘いものが食べたくなる傾向が強くなってしまうのだそう!

もちろん、仕事のストレスなども同じ"ストレス"なので、それが原因で甘いものを過食してしまうことも考えられるそうです。睡眠不足も日常のストレスも結果的に甘いものを過食してしまう原因の一つとして考えられるようです。

 

例えば、問題①でも書いたように、「痩せたいのに食べてしまう…自分の意志が弱いせいだ…」と思って自分を追い込んでしまうのも、それが更にストレスとなって悪循環になってしまったり・・・

 

今回教えて頂いたような仕組みをしっておくことで、「今の自分の状況は意志の強さとかではなく、単純に睡眠不足からきているのかも?」というように考えることも出来るかもしれません。

こういった可能性を1つ考えられるだけでも自分を追い込みすぎないように出来るかもしれませんね♪

 

 

更にこちらからの質問にもお答え頂きました!

 

Q.現代社会、1日1食でも大丈夫!や、1日5食がオススメ!等色々な情報がありますが、1日3食って本当はどうなの?

 

A.結論から言うと、基本的に3食で良いとのお答えでした。それというのも、2食や1食で良い、というのは個人差が大きいためとのこと。

 

人間の胃腸の働きを考えると、1度に沢山のものは吸収することが出来ないそうです。

3食に分けて一定量ずつ吸収することは、その都度、1回身体を回復させたり、活動するための栄養を吸収することが出来るという意味で上手な方法になっているようです。

この栄養の吸収を2回や1回の食事で行おうとすると、1度にとりいれる量が多くなり過ぎてしまうため身体への負担が大きく、それが出来る人できない人、と個人差が出てしまうのだそう。

 

では、逆に5回に分ける等小分けにした場合は?も教えて頂きました!

まず、先程の問題②の話のおさらいですが、食べたものを吸収するためには副交感神経を働かせないといけないとのことでしたよね!

これは胃腸の働きを促す他にも、身体を休める神経であるということも教えて頂きました。

ということは、食事の回数を小分けにして増やすことで・・・身体を休めて、栄養を吸収しようという働きがそのたびに起き、集中力を欠いてしまう原因になってしまう可能性も!

 

このような意味でも1日3回の食事を基本として、自分に足りないと感じる栄養素はサプリメント等胃腸の活動をあまり必要としなくて吸収が早いという点でオススメなのだそう♪で補っていくと良いのではないか、とのことでした!

 

前述したように人間の身体には個人差があります!色々な情報がありますが、自分のライフスタイルに合わせて考え、知識を深めてから自分にあったものを取り入れていきたいですね!

 

睡眠とダイエット、思った以上に深い繋がりがあることにビックリでした!忙しい中でも出来るだけ自分の身体に休息を与えて整えてあげること、難しいかもしれませんが、今一度大切に考えたいことですね( ;∀;)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんとペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんがカラダに関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にもTwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

image2

 

2019/02/20 カラダグッドタイム!~糖質制限を取り入れたダイエットについて~

気づけば2月も後半!乾燥が続いていた中に少しずつ雨の日も入ってきていますね!これも春の足音のひとつなのでしょうか??

 

今回のブログでもカラダグッドタイムのおさらいをしていきたいと思いますよー!

 

前回は糖質制限を取り入れたダイエットを行っている女性のリスナーの方からお悩みメールを頂きました!

そして、そのお悩みにお答えいただいたのはペリネコンディショニングルームの久保田さやかさん!女性ならではのお悩みポイントにもお答えいただきましたよー!

 

~リスナーの方からのお悩みメール~

 

Q.12月から糖質制限ダイエットを開始し、3㎏落とすことが出来た。その方法は、朝ご飯は糖質を多めにとって夕飯は糖質をごく少量に抑えるというもの。

しかし、女性ホルモンの影響か?我慢が足りないのか?糖質摂取欲が爆発し、朝からうどんやパン等糖質のあるものばかり食べてしまう日が目立つようになってきた。

増えて減ってを繰り返し目標体重をきることが出来ない。どうすれば糖質制限をスムーズに出来るのか?

 

この質問に対して今回はいくつかのポイントに分けてお答えいただきました♪

 

① どのように体重を落としたのか?

もし糖質を控えた食事だけで3㎏落としたのであれば脂肪ではなく体内の水分量が落ちた結果の可能性がある、とのことでした。その仕組みがこれ!

身体の中の糖質に代わるエネルギーを蓄えている肝臓や筋肉。その部分にあるグリコーゲンがエネルギーとして使われるが、その際に水分も一緒に使っているのだそう。

もし糖質を控えた食事だけで落としている場合、脂肪ではなくこの水分が使われた分、体重が落ちている可能性があるということでした!

実際に、糖質制限をしている方が今回のリスナーの方と同じ様な体重の減り方とその後の体重の変化の停滞を感じているという話はよく聞かれるそうなのです。

ですので、もし今回のお悩みがこの仕組みで起きていることなのであれば体重の変化の段階として当然起こりえる流れであるとのことでした。

 

② 女性ホルモンの影響や我慢が足りないという点について

おそらく本当は食べたい!けど我慢しなくちゃ!と頑張っていらっしゃるのでは…?しかし、これがストレスになって自律神経を乱してしまっているのかもしれません。自律神経の乱れは女性ホルモンにももちろん影響してくるので、ストレスから繋がってきているものもあるのではないか、というお話でした。

 

③ 朝は糖質多めに!夕は糖質をごく少量に!という点について

意識の仕方を変えて、バランス良く糖質を摂取するという考え方にしてみることが良いとのことでした。

よく陥りがちなのが、朝にいっぱい摂取することで、1日かけてその分を消費すれば大丈夫!という考え方。しかし、夕飯での糖質制限をごく少量にして朝いきなり沢山の糖質を摂ると、血糖値が一気に上がってしまいやすくなるといった影響があるそう。

一日の始まりに量を多めに摂れば大丈夫!ではなく、朝、昼、とバランス良く糖質を摂りながら夕飯はこれまで通り少量に抑えてみる等といった調整をしてみると良いのでは?ということでした!

 

④ 糖質摂取の欲求が爆発してしまうという点について

気づけばつい炭水化物ばかりの食事になってしまうということであれば、その炭水化物の量を減らして、更にその分を別の食材で補ってみては、とのこと。

(例)うどんでお腹をいっぱいにしてしまうのであれば、うどんの量を半分に減らして他のおかずを食べることで同じくらいお腹をいっぱいにする等

 

炭水化物を減らして、単に食事の量自体を減らしてしまうのではなく、炭水化物を減らした分を他の食材で補って満腹感を得ることがオススメなんだそうです♪

また、糖質制限をしていることで、タンパク質や脂質等を摂取しているかもしれません。せっかくならそれらを摂る際に、地元の食材や旬のもの等に意識を向けてみると身体の調子も変わってくるのだそう!

こういった食事の仕方のひと工夫を取り入れていくことも大切ということでした!

 

また、「私は我慢している、我慢している…」と思うと脳が「(我慢しているものが)足りない、足りない…」と勘違いしてしまうこともあるそうです(; ・`д・´)

なので、「私はこれだけで十分足りているんだ♪」と思いながら食べたり、自分がお腹がいっぱいなった!と本能的な部分で感じながら食事を摂るという方法もオススメなんだそうです!思う力って凄い!!

 

ダイエットは体重の変化が停滞してからが長い闘いの始まりなのかもしれません…

食事の工夫だけでなく、意識的なところも変化させながら自分の身体に無理の無いやり方をみつけていきたいですね♪(´艸`*)

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、ペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダに関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にもTwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5396

2019/02/13 カラダグッドタイム!~身体作りを意識した時の食事について~

寒かったり、日中車の中がポカポカだったり…インフルエンザも怖いし、花粉なんかも気になりだしてくる時期ですねー!皆さんはお身体の調子、大丈夫ですか!?

 

前回のカラダグッドタイムではプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さん身体作りを意識した食事にまつわる色々なことを教えて頂きました♪

中々衝撃的な事実も教えて頂きましたよ!!(; ・`д・´)

 

まず一つ目の質問!

 

Q.身体作りを行う際に意識したい食事のタイミングは?

 

A.まず皆さんが思い込んでいる可能性が高い考え方を正しましょう!その考え方とは・・・夜遅い時間に食べると太るという説!

実はこれは間違いなんだそう!!

一般的によく言われている考え方ですよね!?我々にもかなりの衝撃が走りました・・・ではその理由とは何なのか?

 

夜遅い時間に食べると、その後は眠るだけで運動もしないから食べたものが脂肪になっちゃう…と思いがちですよね。

しかし、人間は眠っている間にも消化活動が行われます。そして消化されたものは寝ている間も身体を作る材料として使われているのだそう。

その材料の使われなかった余りの分が脂肪になってしまうということでした。ちなみに使われる材料の量はその人の代謝や身体の大きさ等で変わってくるそうです。

つまり、自分の身体に必要な量を食べていれば余りの分は出にくい為、ここで時間帯は関係ない!というお答えでした!

実際に滋井さん自身も、仕事の都合上夜ご飯が0時をまわることも少なくないそうですが非常に逞しいお身体を維持されていますもんね(; ・`д・´)

食べ過ぎたら太る!太るものを食べたら太る!これはどの時間帯でも同じ!!夜遅いから太るのではなく、必要以上の材料を身体に摂り入れて余らせてしまうせいで脂肪が増えてしまうということだそうです!

 

ちなみに陥りがちな罠が1日の食事の回数を減らしているから多少多く食べても大丈夫という考え方。これも間違い!結局は余りがでる量を摂取していることになります・・・

それなら一日三食に小分けにして、その都度身体に必要な量だけ食べる方が脂肪に代わってしまう余分な材料を作らなくて済むということでした!

夜遅くに食べてないから大丈夫と言い訳していた自分にグサッとくるお話でもありましたね(笑)

 

ただ、ここで言っているのは時間帯で太るか太らないかという点についてのお話で、健康面ではどうかということになると出来たら早めに食べる方が良いとのことでしたのでそこはお気をつけて!

 

さて、更に次の質問にもお答え頂きました♪

 

Q.筋肉をつけたいと思った時、筋トレやジムでのトレーニング等をする前と後、どっちのタイミングで食事を摂った方が良い?

 

A.前と後のどちらかで選ぶとするなら後の方が良いとのことでした!筋肉をつけるためには筋トレ等運動をした後の身体にブドウ糖が必要!ブドウ糖を摂取すると体内でインスリンというホルモンが出るそうです。そして、そのインスリンが筋肉に栄養を運んでくれる大事な役割を果たしているのだそう。

反対に、筋トレをした後でブドウ糖を摂らずに1日ゆっくり休んでいても筋肉を育てるための栄養が足りていない為、筋肉はつかないんですって!

筋肉は生き物!私たちがご飯を食べることで筋肉にもご飯を食べさせてあげないと元気が出ないんですね(+o+)

もし可能なら筋トレ前に軽食をとることもオススメなんだそうですが、どっちにしても筋トレ後の栄養補給が必要!!筋肉を育てるために、トレーニング後の栄養補給を怠らないように気を付けましょう!

 

最後にもう一つお答え頂きました♪

 

Q.そんなに筋肉はつけたくないけど脂肪は落としたい!その場合の食事では何を意識すれば良い?

 

A.この場合は、前述したブドウ糖の量を身体が必要とする最低限の量に抑えましょう!大体ごはん茶碗1杯くらいを基本的な量として考えると良いそうです。

 

筋肉をつけたい人はブドウ糖をしっかり摂る!更にタンパク質もしっかり摂る!!

筋肉をつけるより脂肪を減らす方に重点を置きたい人は身体に必要な量だけ摂取しながら運動をする!

自分の目指すものによって食事の仕方も考えていきましょう(´艸`*)

 

 

ちなみに樋口千穂とディレクターのダイエット大作戦の進捗状況も滋井さんに確認して頂きました!

 

【樋口】前週と変わらぬ運動を続けているが体重が増えてしまい焦ったため、滋井さんに教えて頂いた「日常に運動を!」(前回のカラダグッドタイムのブログに書いてあります!是非ご覧下さい♪)を取り入れた!その内容は少し深めのスクワットをしながらドライヤーをかけるというもの!!

その結果!!

ドライヤーの時間が苦痛になっている模様・・・もっと自然に取り入れられる方法を模索するべきか!?スクワットドライヤーを続けるのか!?

 

【ディレクター】お酒の量を減らしながらの減量チャレンジ!その結果、お腹を引っ込められるようになったらしい!小さいことかもしれないが、大きな変化に繋がるのか!?

 

今回は二週連続で滋井さんに来ていただいているため、1週間しか間が空いてません!なので、小さな報告にはなりましたが二人ともそれぞれに頑張っているようです!!

この計画は始まったばかり!まだまだこれから!!リスナーの皆様にも2人の頑張りを見守って頂ければと思っておりますのでよろしくお願いいたします。(´艸`*)

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんとペリネコンディショニングルームの久保田さやかさんがカラダに関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にもTwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5393

ページトップへ