プログラム グッドタイム

グッドタイム

パーソナリティの言葉や音楽、情報であなたの何気ない平日の午後が満たされる、 そんな「グッドタイム」な時間をお届けします。

ブログ

2019/07/03 カラダグッドタイム!~脳(思考)のクセとモチベーションの上げ方~

前回のカラダグッドタイムのおさらいです!

 

前々回の上西さんのカラダグッドタイムではストレスについてお話して頂きました。すると、上西さんのもとに様々な感想が寄せられたそうです!

その中で、「モチベーションの上げ方について教えて欲しい」というお声があったそう。

ということで、前回のカラダグッドタイムでは【脳(思考)のクセとモチベーションの上げ方】についてoffice TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんに色々と教えて頂きましたよー!

 

脳や思考のクセについてアメリカのポール・マクリーン博士は『脳は三層構造になっており、それぞれに考え方のクセを持つ』と発表しているそうです。(現代科学ではこのことがはっきりと否定されているようなのですが、思考のクセという観点から考えると今回の話もとても分かりやすいそうです)

 

ここでの三層構造というのは

①大脳新皮質という「人間脳」思考(倫理観、論理的思考)

②大脳辺縁系という「哺乳類脳」感情を司る(感情)

③脳幹という「爬虫類脳」本能を司る(本能)

という3つの脳のことで、この3つの脳みそが自分がやろうとしている(やりたいと思っている)ことに対して"YES"を出すと、モチベーションが上がったり、目的も達成しやすくなるよ!というお話なのだそう!

 

では、3つの"YES"までの道のりはどういうものなのでしょうか?

 

まず、思考の順番というのは人間脳から始まるようです。

人間脳とは倫理観などの「〇〇であるべき」といった考え方のことなのだそう。その考え方からここで最初のフィルターがかかってしまって、人によってはこの段階で"NO"の指示が出てしまうことも…

ここで人間脳から"YES"の判定が出たら次の段階の哺乳類脳へ進むそうです!

 

この哺乳類脳は感情を司る脳で、楽しくないと"NO"と出してしまうらしいのです!分かりやすくする為に、ここからはダイエットを例に説明して頂きましたよー!

例えば、ダイエットして10キロ痩せなきゃ(痩せたい)と思ってもそこに楽しい自分のイメージが湧かないと哺乳類脳は拒否をしてしまいます。

ダイエットや習い事などが中々続かないのはコレが原因だったりすることも…

そういったことからも、楽しい・ワクワクするステップこそが脳を味方にする方法と言えるそうです!

 

実際の例として、野球選手だった時の長嶋茂雄さんは自分がホームランを打つ新聞を自分で切り貼りして作っていた、というエピソードがあるそう。そして自分で先にお祝いをしてしまうという予祝というものをしていたらしいのです!

そうすることでワクワクするゴールや物事をイメージすることが出来、それが実際のプレーに出たのかもしれません。

こういった状態こそ哺乳類脳が"YES"を出してくれやすくなる状態であるという一例ですが、非常に興味深いですよね!(; ・`д・´)

 

なので、ダイエットでもこの洋服が着たい!こんな風になりたい!などを具体的に考えてみると良いかもしれません。想像力や妄想力が豊かな人は自分のやりたいことなどに関してもワクワクするようなことを色々考えられるといった点で成功に導かれやすいのかも?ということでした。

ちなみに、妄想力はあるけど諦めも早いという場合は何が原因?ということもお聞きしたところ、その想像や妄想で考えていることは、本気で楽しいと思うことを選んでいないのかもしれないとのことでした!言われてみるとそうかも…って思う人も少なくないかもしれません…

 

脳みそは結構簡単に"NO"を出してしまうそう。しかし、実は脳とは騙しやすいものでもあるそうです。自分が錯覚を起こしてしまうくらい想像力を働かせると"YES"を出すかもしれませんとのことでした!

そしてこの哺乳類脳が"YES"を出した場合、いよいよ最後の爬虫類脳へ進むことになります。

 

ここまで来たらあと1段階…ですがこの最後の爬虫類脳がちょっとやっかいなのだそう。

爬虫類脳とは本能の脳で、変化を嫌って私達を未知のものから守ってくれている脳(今のままでいいんだよといった考え方)なんですって!

 

この爬虫類脳が変化を受け入れるためのポイントは3つ!

①道筋を明確にしてあげること

ダイエットの例で言うと、1日に摂る水分を増やそう!とか1日に食べて良いチョコは〇個まで!とかを決めてあげる。

そしてその先のワクワクする未来の姿(あんな服が着たい!あのサイズが入るようになりたい!など)から逆算して具体的な方法を考えてみるというようなことなのだそうです!

 

②スモールステップであること

これも①と同時に考えてあげると良いことなのだそう。長期的なレベルではなく、1日単位のレベルで出来る行動を決めてあげると脳が"YES"を出しやすいということでした!確かに長期的なステップって途中でやめたくなっちゃいますよね( ;∀;)

すぐ出来る、ちょっとずつ出来るなどのスモールステップが大事なんですね!

 

③できないことも許してあげる、でも諦めないこと

例えば1日のチョコの数を決めていたけど今日は食べ過ぎてしまった…というようなことよくありますよね。

そんな時に罪悪感に囚われすぎるともう諦めたくなってしまいがち…

そういった時は諦めるのではなく、次の日の数を減らそう!など上手く帳尻を合わせることで出来なかったことを許してあげることも必要なようです♪

 

日本人は真面目な人が多く、出来なかったことに対しての自己嫌悪が激しくなってしまいがち。自分を許してあげることが難しい国民性なのかもしれませんね( ;∀;)

そういった点からも、1番最初の人間脳(〇〇であるべき)という段階からついつい"NO"を出してしまうのかもしれませんとのことでした。

〇〇するべきという考え方に囚われすぎていないかチェックしてみることも大事ですよ!とのお話でした!

 

上西さん曰く、「自分の脳は騙せる!そうすることでモチベーションも上がりやすくし、目的も達成しやすくなるかも!ワクワクすること、楽しむことが大事ですよ!」とのことでした♪( *´艸`)

今回のお話のような脳のクセを知ることで、3つの"YES"を出してモチベーションが上がりやすい・計画の実現がしやすい自分を作っていきたいですね♪

 

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、office TIDA・キャリアコンサルタントの上西有加さんとプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5783

2019/07/01 樋口、キレイになります!第9回

連日続いた雨も、このブログを書いている23時にはやっと上がって虫の声がせわしなく聞こえております。

そこかしこ増水したりと被害も出ている様子、何があっても対応できるように備えたいものですね。

明日のグッドタイムでも気象関係の情報は逐一お知らせしていきますので、午後のお供にお付き合いください。

 

さて、ボディメイクランジェリーMARUKOさん全面協力のもとお送りする「樋口、キレイになります!」まる2か月が経過し、私の体にも変化が出てきました。

今週も専属ボディスタイリストの竹田さんにお越しいただき、真の自分を映し出す3DBG(3Dボディグラフィカ)で4月15日7月1日のデータを見比べながらお話を伺いました。

4月15日というと、私がまだMARUKOさんに対して勝手に胡散臭さを感じ、信用していなかった初顔合わせの日です。

竹田さんとも初めてお会いし、カップ付きキャミソールを愛用していた時代でもあります。

パーツに分けて皆さんにもご覧いただきましょう。全写真㊧4月15日 ㊨7月1日のものです。

今回は敢えて4月15日と同じカップ付きキャミソール着用でデータをとってみました。

 

ではまず、バストから。

胸

垂れ乳が上がってる!!!これはうちの配偶者も太鼓判の外から見てもわかる変化だそうです。

 

続いてウェスト。

お腹

何かと生々しいですね。全ての恥ずかしさはいずれ過去の笑い話になると思って思い切って身を削って載せております。

気づいていただきたいのは、ちょっとバストから腰にかけて良い感じのラインができてきたことと、パンツのお腹ライン!長年同じところにゴムのラインが当たっているとお肉に段ができて固まってしまうんですね。これがまた動きにくいんだそうでこの凝り固まったお肉が私の場合お腹と、背中、竹田さんたちを悩ませました。

「樋口さん、ここっ、ここ分かります⁉固まっているので、柔らかくなるようにほぐしながらボディメイクしますね!」

華奢な竹田さんが全体重をかけて息を切らしながら毎回解して動かしてくれました。竹田さん曰く今は信じられないくらい良く動くようになったそうです。日頃のMARUKOさんでのボディメイクとマッサージや水分補給、先週ご紹介した飲み物の成果は肉質に出ます。

ポッコリパンツラインが薄くなったのはMARUKOさんのオヘソ上まですっぽりのショーツを毎日履いているせいでしょうね。

因みに体重全然変わっておりません。しかし、ウエストはー4㎝です。コーナーに持ってきてもらったビニール紐の輪っかでいうとこういう違いです。(竹田さん撮影)

紐対比

体重は…変わってないんです、お肉の場所が変わっただけなんです。不思議。

 

続きまして、太もも。

ふともも

太もも、ちょっと細くなりました!

筋肉質+浮腫み放置でガッチガチのパッツンパッツンだった太ももが今や、触ると気持ちいいやわやわ腿になっています。

その柔らかくなったお肉をグッと上へ押し上げリレー形式で胸までもっていきます。

昔っから足太くて悩みなのよねぇ…というアナタ。真の姿は隠れていて見えないのかも。

本当はめちゃくちゃキレイな細い脚の持ち主かもしれませんよ?

私は竹田さんに両脇から肋骨あたりを挟まれて「樋口さん見てください、樋口さん自分は骨太だって言ってましたけど肋骨の幅こんだけなんです、気付いてないだけで本当はかなり華奢なんですよ!」と言われ、理想の自分像へのモチベーションがガツンと上がりました。

MARUKOさんの無料試着体験では正しい体のサイズや、正しい下着の着法方法も教えてくれますが、何年も何千人、何万人もの体をメイクしてきた精鋭たちがいます、あなたも知らない本当のあなたを教えてくれるかもしれません

 

下着を変えただけなのに。自分にしっかりあったサイズを着用すること、正しく着用することがどれだけ見た目に違いを生み出すのか分かるようになりました。

 

さて薄着の季節ももう間もなく、理想への道は一日でも早いほうがいいですね^^

無料試着体験のご予約は0120-21-3705です。

コールセンターから最寄りの店舗をご紹介いたします。

県内7店舗、小さなお子様連れでも安心です。

トライアル3点セットも7/15のご予約分まで期間延長して対象となります。お電話では必ず「グッドタイムを聴きました」とお伝えください。

次回もお楽しみに!

2019/06/26 カラダグッドタイム!~プロテインについて~

カラダグッドタイムのおさらいです!

 

前回はプログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さん【プロテイン】について色々と教えて頂きましたよー!

 

最近、「朝食をプロテインで摂る」といったプロテイン女子なるものも出てきているのだそう!

筋肉をつけたい方だけでなく、女性達にもブームになりつつあるプロテイン…一体どういったものなのか教えて頂きました!

 

そもそもプロテインって何なのでしょうか?プロテインとは日本語訳するとタンパク質のこと

勘違いしてしまいがちですが私達が日常で使っているプロテインという言葉は、実はタンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指していて、本当の意味はプロテイン=タンパク質なのだそうです。

 

その意味をおさえたうえで、プロテイン(ここからはサプリメントのことを指します)について滋井さんの考えをお伺いしました。

 

まず、最近プロテインを摂る人が増えているということで「タンパク質が大事!」という考えが拡がってきているのはすごく良いとのことでした。

タンパク質は身体の様々な部分を作り上げるのに絶対に必要な材料であるのに対して、普段の食事だけでは割と不足しがちな栄養素となっているためそういった意味で注目が集まるのは素晴らしいそうです。

 

しかし、プロテインの摂取の仕方によっては問題が起きることも…

先の例のように「朝食だけプロテインに置き換える」だけならまだそこまで大きな問題にはならないかもしれません。ですが、ほとんどのタンパク質をサプリメントで摂るようになってしまうと、普段の食事でタンパク質を摂ろうとした時に消化吸収能力が落ちてしまうのだそうです!

 

サプリメントで摂るって非常にラクですよね!ところがそのラクを続けていくと、いざ食事を摂って物質が身体の中に入ってきた時にそれを消化・吸収しようとする力が弱まってしまい胃腸を弱くする原因にも…

実際にサプリメントに頼りがちな人は胃腸が弱くなってしまっている傾向が出ているそうです!

胃で溶かして吸収する過程というのは本来は内臓が頑張って働くことでちゃんと吸収するというもの。その能力を保ちつつ、タンパク質をきちんと摂取出来るのであれば良いのですが、ラクに摂取出来る方にばかり頼ってしまうと内臓がちゃんと働かなくなってしまうそう。

 

こういったことを踏まえたうえで滋井さんが考える≪プロテインが必要な人のパターン≫は2つ。

 

①胃腸が弱すぎて油ものが食べられなかったり、食欲が無さ過ぎて必要量食べることが出来ないという人

このような人の場合は、基本、食事で摂ることも頑張ってもらうがプラスαで補うものとしてプロテインを使ってもらうことも。サプリメントというのは元々栄養"補助”食品なのでこういった使い方が本来の使い方であるとのことでした!

 

②身体をガッツリ鍛えている人

こういった人は筋肉を破壊してかなりのダメージを与えているので、それを修復するために普段の食事では摂りきれないくらい沢山のタンパク質が必要になってくるそう。それを補うために肉などを多量に食べ続けるといったことをしてしまうと今度は胃腸が疲れ切ってしまいますよね…

なので、食事プラスαでサプリメントを摂ることが有効なのだそうです!アスリートの方達も身体に多大な負荷をかけているため同じような方法でタンパク質を補っていることも。

 

①、②のパターンはタイプとしては全然違いますが、全体として言えることはまず食事で摂ることが前提にある!ということのようです!

 

また、今回はなんとなんと!こんな方からのご質問も頂きましたよー!!( *´艸`)

 

【木村つづくさん】からのご質問!!Σ(゚Д゚)

Q.プロテインの甘さは砂糖ですか?

A.飲んだことがある方は分かるかと思いますがプロテインって結構甘味が強いものが多かったりするんですよね…

滋井さん曰く、商品によって違うので一概に全てがそうであるとは言えないですが、基本的には甘味料であることが多いそうです!そして、甘味料というのは甘いけど身体に吸収されない糖分らしくカロリーにならないとのことでした!ビックリですよね!

 

ただし、ここで気を付けたいことも!

例えば同じプロテインサプリメントでも、身体を大きくしたい方や体重を増やしたい方向けの「ウエイトゲイナー」というプロテインがあるそう。

これには砂糖が結構入っていたり、多量の炭水化物が入っていたりするので間違って飲み続けると大変なことに…‼

飲んでいるプロテインの成分表示をよく見て炭水化物や糖質がそんなに多くない場合は恐らく甘味料が中心の甘さになっているのでその場合は基本的には安心してもらって良いとのことでした!

 

プロテインにも様々な種類のものがあるので、成分表示をよく見て、自分の用途に合ったものを選ぶようにしましょう♪

 

《カラダグッドタイム》のコーナーは毎週水曜日の15時台で放送しております!

 

今回の、プログレスのパーソナルトレーナーの滋井邦晃さんとoffice TIDAの上西有加さんがカラダや心に関する色々なお話をしてくださいます!

 

そんなお二人へのお悩みメールやFAX等、24時間お待ちしてますよー!!

その他にも番組TwitterやInstagramもありますので、アカウント名「goodtime_joyfm」、番組への投稿は「#グッドタイム」でこちらもじゃんじゃんお送りくださーーい!!

 

IMG_5766

ページトップへ