プログラム Radio Paradise 耳が恋した!フルーチェ食べたい by水曜日の放蕩娘

Radio Paradise 耳が恋した!

聴いて!参加して!楽しい!!マルチトークプレイヤー“シロー”が、元気を送ります。色んな情報・音楽も一筋縄ではいかない耳恋流にご紹介!

ブログ

2020/04/21 フルーチェ食べたい by水曜日の放蕩娘

時が経つのははやし!

あれよあれよと桜も散って
爽やかな新緑が目に眩しい
季節になってきましたねぇ。
 
こんにちわ!
水曜日の放蕩娘、
小野一絵でございます。
 
いろぉ~んな事柄が
目まぐるしく生活の中を
駆け回るそんな世の中の最中、
皆様いかがお過ごしですか?
 
え~こんなご時世のあおり。
私もお仕事も、
収入も激減してしまい、
人生の生きがいであった
週末のパーティーにも
酒場巡りにも行けずに
長い長いおうち時間を
過ごしていると
ふと、うじうじと
してしまいそうになる毎日ですが
そんな折
 
時たま思い出す詩がありまして。
 
大好きな詩人の茨木のり子さんの
 
『自分の感受性くらい』
 
という詩。
 
 
”ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて”
 
”自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ”
 
 
・・・刺激のない生活のなかで
不安とちょっぴり虚無感が訪れたときは
このフレーズをふと思い出し、
自分に喝をいれております。
 

”ばかものよ!”
なんてキビシー言葉ですが
全文を通してのり子さんの
生きていくことへの人間らしい優しさが
ちりばめられているので
とても好きな詩です。
(ぜひ検索してみてね!)

ほんと一人の時間が
長くなったからこそ、
ふと立ち返るたびにこの言葉が
ピンピンと乾きそうになった
わたしのマイハートを
ペシペシとぶん殴ってくれます!(笑)
 
 
自分の心に水を上げられるのは
自分しかいないんだなぁということ
をついつ~い忘れかけるんですが


もっと本を読んだり、
いろんな音楽聴いたり、
疎遠だった友人に
連絡してみたり
苦手なことに挑戦したり
好きな人の
どういうとこが好きか考えたり
嫌いな人のことを
なんで自分は嫌いなのか考えたり(笑)

私にとっての私の心への
水やりを
じゃんじゃんしてあげなきゃ~。

くさくさしてる場合じゃないわよ~
 
と、この言葉をですね、
過去の自分自身。
so,
 
そのむかぁああああああし、
鬱で一年、
家に引きこもり
社会と断絶された暮らしを
送っていた23歳のカズエちゃんに
速達で送ってやりたい!
 
(おんなじ家の中
の暮らしでも
心が今はとても健康だ。
すなおだ~!安心してくれ~!
どうにかなるぞ~!)
 
おっとなんか
重たく捉えられた方がいたら
すいません!

でもほんとに人生ってのは
可笑しくて

三十路目前の今になって、
あの頃の記憶もようやく
「あんなこともあったな(ほじほじ)」
というかぁる~い気持ちで
振り返られるようになりました。
 
それもひとえに

私の人生に携わって
頂いたみなさまのおかげ。
そしてなにより
耳恋のおかげ!!!
さまさま!!
 
と、またまたな~んか
しめっぽ~くなって
しまいましたけれども笑

仕事に遊びに忙しい日々を 
送っていた頃はできていなかった

”ゆ~っくり内観”
 
ができるこんな毎日を大切に味わって
いきていこ~!
 
とおもった次第。ご自愛ご自愛。

 
みなさまもそれぞれのカタチでどうぞ
ご自愛なさって下さいね~!
 
皆様の心の平和を何よりも願って~!
一絵でした~!
 
は~晩御飯何作ろう!
ページトップへ