プログラム Radio Paradise 耳が恋した!ぽんぽんぽん by一絵

Radio Paradise 耳が恋した!

聴いて!参加して!楽しい!!マルチトークプレイヤー“シロー”が、元気を送ります。色んな情報・音楽も一筋縄ではいかない耳恋流にご紹介!

ブログ

2020/11/25 ぽんぽんぽん by一絵


おっすおっす!おら一絵。
30歳独身、好きなおでんの具はこんにゃく!
みんなよろしくな!
と戯言は置いときまして今週もはりきって
まいりたいとおもいます。
そういえば最近、約2年ぶりに日本人宇宙飛行士の
野口壮一さんが宇宙へと飛び立ちましたね!
アメリカの民間宇宙船”クルードラゴン”に乗って
ISS、国際宇宙ステーションへ!

それにしてもね、かっこいいんです。
野口さんが乗ってた宇宙船、クルードラゴン。
内部がとても洗練されていて、
私が思うに最新SF映画
のセットよりも遥かに近未来的で
現実み、がいい意味で無い。

ニュース等で映像が流れる度に
ワクワクしてしまいます。
現実のニュースの合間に
映画の予告流してるみたい。
想像を超える瞬間が宇宙事業っての、
すごくロマンありません?


今回野口さんが搭乗したクルードラゴンは
民間の宇宙開発会社スペースX社が
携わっています。
この会社がアメリカの宇宙事業に
参入して大幅にコスト削減されてるんですってよ、
奥さん。

その昔技術もまだ乏しい時代アメリカが月に行けた
理由のひとつにとにかく予算があった=金があった
という背景があるらしいのですが
限りある予算の中で
月に行けるコストパフォーマンスの高い技術
が生み出される日もそう遠くは無さそうですね。


あてし、人生の夢の一つとして月面着陸の
リアルタイム視聴をするのが夢なんです。


当時アメリカが宇宙開発力を
ロシアと争っているときに
「俺たちゃ月に行けるんダゼ、すげーだろ~!」


ざ~っくりこんなかんじでロシアに、世界に
USAの力を見せつけるために
月に行ったという背景があります。
そんなこんなで世界のお茶の間に月に行ったUSAを
見せつけるべくテレビでの生中継やらの技術に
めっちゃ力を注いだといいます。


また宇宙での写真撮影のために
宇宙飛行士の皆さんはめちゃくちゃカメラ撮影の技術を
身に着けて月に行ったんだって。


そいえば最近鬼滅の刃ブームでどこの映画館も満員ですが
そんな鬼滅と同時期にSFの
巨匠またの名をSFの奇人(勝手に考えた)
クリストファーノーランの
「TENET」も公開されていたんですけどみなさん見ました?!


今回は物理学の時間の逆行がテーマで
宇宙はぜんぜん関係なかったんですけれど
この監督何がすごいかってどうやって撮ったの?!
って言いたくなる映像が全部ノンCG。

逆向き(バックで)カーチェイスとか、
建物にぶつかるジャンボジェットとか
ストーリの凄さもさることながら
その高い高い映像技術は文化人類のたからもの!
とかずえは強く訴えたい。


そしてこの監督の映像には
もう一つ特徴があってその作品の殆どを
IMAXカメラで撮影しているということ。
通常の映画よりも広い画角とリアリティ溢れる音声。
専用のIMAXシアターに行かねば見ることはできませんが
(残念ながら宮崎には無い( ;∀;))

一度体験してしまうと
その世界に入り込んだようなリアリティ、
没入感。鳥肌の立つような映画体験ができます。


で、前置き長くなっちゃったけど
当時の月面着陸の際宇宙飛行士の
皆さんが守備範囲外の”カメラ撮影”の
技術をふんだんに身に
着けて行ったっていうんだから
そろそろクリストファーノーラン監督も
”宇宙飛行士”になるための
訓練を受け始めていいんじゃないかな。

本物の宇宙をノーラン監督がIMAXで撮影。
もうかずえ30歳だし狭い宇宙船の中で
10何時間もじっとしてるの無理だから宇宙飛行士ゎ
諦めた。

ノーラン監督がIMAXで宇宙を撮影したら地球にいるみんなが
月の上を追体験できるとおもうんです。
だからいつか次の月面着陸までに
宮崎にIMAXの映画館が出来て
そこからノーラン監督の月配信を
見る日を楽しみにしてる。

そんときノーラン監督、青島のガーリックシュリンプ
月で食べながら撮影してほしいな。きゃは。

~プレイバック先週の写真館~

青島ガーリックシュリンプを全店回ると宇宙とつながるらしいです!(繋がれるような美味しさです) 宮崎産業経営大学のみなさん!ありがとうございました!

 

 

アミュの紀伊国屋書店さんオープンおめでとうございます!読書は宇宙だ!!!!!!


かずえは鼻から噴射で宇宙を目指します。 

 

ページトップへ