プログラム Radio Paradise 耳が恋した!髪にコロン、恋コロン by一絵

Radio Paradise 耳が恋した!

聴いて!参加して!楽しい!!マルチトークプレイヤー“シロー”が、元気を送ります。色んな情報・音楽も一筋縄ではいかない耳恋流にご紹介!

ブログ

2021/01/14 髪にコロン、恋コロン by一絵

さて今週1/13日(水)の耳恋の放送も無事(?!)終了。

羽根ならぬ口を休めている一絵です。みなさまお元気ですか?

 

今週はひょんなことから”懐シャンプー”の話題がのぼり、ツイッター上も#耳恋にて

80年代シャンプーの名前がぞろぞろと…!賑わっていましたね!

当時のリアルタイムを知らない平成生まれ30歳の私

ただ一つ、そんな私でも知っていた、気になっていた(記事で見たことのある)もの!

 

それは

フルーツシャワー!!!

大人の事情で画像は乗せれませんので気になったアナタ、思い出したいアナタ、

コピペで今すぐググっておくれやんす!

 

"1984(S59)年に、シャンプーとリンスの発売を開始。
特徴はシャンプーの液体の中に、直径約3mm程の仁丹のような粒(通称フルーつぶ)が入っている事である。
これを洗髪時に液体と共に手のひらに取り、シャンプー中にこの粒を指で押しつぶすことにより、香りが広がる…というものである。
220mL入りの中に約100粒程混入されていた。
透明のボトルの中に、半透明のシャンプー液が入っており、その中にフルーつぶがぷかぷか浮かんでいる様を確認する事が出来る。
なおリンスの中には、その商品特性上、「フルーつぶ」は入ってない。"

出典:http://shampoomania.web.fc2.com/Bland/FruitShower.html

 

”つぶすと香るツブ入りシャンプー”

フルーツシャワー

昭和の名残を引き継いだモノに溢れた平成育ちの私でも、(30歳になっても)

なんだか、聞いただけでワクワクします。

そして同時に”香り入れたツブのシャンプー売ろうぜ!”って発想に

どうやって行きつくものなのかとしみじみ…します。

 

もしも…私の平成の子供時代に

フルーツシャワー発売されていたものなら…

まず使いきれない量のシャンプーを大量に出して

その後ツブだけをなん十粒も集めて

落として,排水溝にブチまけて

オカンにドヤされ関の山…

なんて……考えていたらやっぱり。当時。

 

「フルーつぶを取り出そうと無駄にシャンプー

液を出す子供が多く、直接の購入者である親からは不評だった」

 

・・・・・・やっとったんやな、やっぱり。

 

諸説あるようですが上記のような理由も相まって

発売から約2年後の1986年頃に生産したげなよ。

どん時代でも子供はアホじゃね。

 

んー言葉にしがたいけれどこの令和

”素晴らしすぎるモノ””カンペキすぎるモノ”に

溢れていて(それはそれでアリガてぇんですが)ね。

 

だからこそたまーーにガチャガチャとかでちょっと(何かが抜けた)

「なんじゃこれ」ってもの、流行るのかなぁ~。

 

 

追記:
 

父親がライオンの研究員だったタレントの

伊集院光は、一斗缶に入ったフルーツシャワーを、

おたまで梳くって使用していた

 

さーて来週の耳恋はどんげな話で盛り上がるでしょうか?

平成の懐かしいものもハナシがしたいぜ!(ヨロシク)

 

ページトップへ