プログラム 寺田奈央の「宮崎が一番!」2018年10月

寺田奈央の「宮崎が一番!」

ブログ

アーカイブ:2018年10月

2018/10/29 ルピナスパーク

高鍋町にある宮崎県農業科学公園:ルピナスパーク
農業について、楽しく体験しながら学ぶ事ができる施設。
16ヘクタールの広大な敷地には、ふれあいゾーン・いこいのゾーン・わくわくゾーン

・のびのびゾーンがあり、四季を通してきれいな花が咲いています。
正面入口を入ってすぐにある農業科学館は、
宮崎の農業について楽しく見ながら学べる体験型のテーマ館となっていて
最新技術を駆使した学習コーナーでは
ゲーム感覚で農機具の仕組みや歴史について知ることが出来ます。
また、農業科学館2階には
平成22年に宮崎県で発生した口蹄疫を二度と発生させないために、
口蹄疫からの再生・復興を力強く進め、
口蹄疫に関する情報発信や資料の保存展示等を行う
「口蹄疫メモリアルセンター」が設置されています。
家畜の尊い命を奪い、畜産業のみならず
地域経済や県民生活に大きな影響を及ぼした口蹄疫を風化させないためにも
校外学習などで勉強するにはぴったりの施設です。
農業科学館を抜けると
思わず寝っ転がりたくなる広々とした芝生スペースに
夏は泳ぐことも出来るウォーターランド、
先を進むと巨大なアスレチック広場があります。

また、ルピナスパークの「ふれあい体験館」では
せんべい作りや豆腐、バター、米粉パン、そば打ち体験もできます。
体験料は有料ですが、駐車料も入場料も無料で子供から大人まで
楽しめる大満足のスポットです。
さまざまなイベントや催し物も開催したりしているので、
ぜひ、高鍋町の宮崎県農業科学公園,ルピナスパークへ遊びに出掛けてみて下さいね!

2018/10/14 都井岬

今週の宮崎が一番!では

宮崎県串間市にある「都井岬」を紹介しました。

宮崎といえばに定番スポットではありますが、

あらためて都井岬に行くと、気づくのが

広い空に草原、青い海が広がる絶景ポイント!
 

それを背景にここで見られるのが、野生の馬。

日本に存在する8種の在来馬の中でも、

いろんな時代を経て再び野生化した貴重な存在として

唯一、国の天然記念物に指定されているのが

都井岬の「御崎馬」
 

御崎馬のルーツは、時を遡ること約320年前の軍馬で、
江戸時代の秀吉時代、高鍋藩秋月家が
軍馬を育てるために牧場を開いたのが始めとされています。

当時から、極めて自然に近い形で放牧が行われ、
年に1度の馬の検査や管理以外、
生まれる時も死ぬ時も、人間の手をかけず

自然の摂理のままに生活しているんです!歴史がありますね!


さらにこの場所の特徴といえば都井岬灯台。
宮崎県の最南端に位置し、海の青さと岬の緑に囲まれた、美しい灯台です。

この灯台は昔から屋根を陸屋根として周囲に欄干を設け、
灯塔から出入りする屋上庭園となっています。
全国15箇所に観覧可能な灯台がありますが、

都井岬灯台は九州で唯一の観覧可能な灯台。
天気が良ければおよそ65キロ離れた種子島まで見え、
運が良ければさらに南の、屋久島、およそ127キロ先まで見えることもあるみたい。

 

宮崎にはまだまだ知っているようで知らない場所も沢山。
私も改めて、宮崎の良さを再確認で来ました!

番組ではこれからも宮崎の素敵な場所を紹介しますので、お付き合いくださいね!


それから、来週、月曜日から私、寺田に関するステキにお知らせがありますよ!

宮崎大好きの寺田がすごく楽しい○○に参加します!

明日からのJOY FMのプログラムをお聴き逃しなく!


 

2018/10/09 コールラビ

さて、みなさんは「コールラビ」という野菜知っていますか?|・ω・*)チラ

見た目は、

カブのような形をした実の多方面から

茎と葉っぱが生えたような、

珍しく、面白い形をしています\(^ω^)/

なんの野菜かといいますと、

地中海沿岸原産のアブラナ科の野菜で、

茎が肥大してカブのような形になる

珍しいキャベツの一種なんです(◍ ´꒳` ◍)b

名前の由来は

ドイツ語の「コール」がキャベツ、

「ラビ」がカブを意味して「コールラビ」|・ω・*)チラ
別名「キャベツカブ」とも呼ばれます*゚▽゚)ノ

 

コールラビの味は、

噛むとシャキシャキとしていて

ブロッコリーの茎やキャベツの芯のような甘みが口の中に広がります(`・ω・´)


この、見た目の面白さと、味の良さで

2009年から宮崎市清武町でコールラビの特産化が進められ、

現在では「きよちゃん大王」という名称で出荷販売されています\(^ω^)/

東京などでフランス料理などで用いられ、高級食材として扱われているよー


そんなコールラビの調理方法なんですが、

茎と葉っぱを取り除き、おしりから上に向かって繊維に沿って皮をむいて食べます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
生のまま薄く切ってサラダやマリネ、

酢のものにしたり、

繊維がしっかりして煮崩れしにくいので

煮込み料理にしたり、
炒め物や、スープ、お味噌汁に入れても

変わらぬ甘みと

シャキシャキ感が味わえる万能野菜です
また、実だけではなく、

茎や葉っぱも炒め物や菜飯にしたりと

余すことなく味わえる、使い勝手抜群の野菜なんです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

まだまだ日本では認知が低い野菜ですが

宮崎の太陽と豊かな大地が育んだコールラビは、これから旬を迎えます\(^ω^)/

ぜひ見かけた際には、手にとって見た目も味も楽しんでくださいね\(^ω^)/

ページトップへ