プログラム 寺田奈央の「宮崎が一番!」2019年1月

寺田奈央の「宮崎が一番!」

ブログ

アーカイブ:2019年1月

2019/01/29 レイクサイドレッドファーム

清武町にある「レイクサイドレッドファーム」に行ってきました。

こちらは、いちご摘みができる観光農園です。

 

ビニールハウスに入るとイチゴの苗がずらーっと並んでいます。

そこからひょっこりと見える赤いイチゴが

レッドファームさんで作られている「さがほのか」という品種。

さがほのかは大粒の「大錦(おおにしき)」と糖度の高い「とよのか」を交配したもので、
美しい外見と上品な甘さが特徴です。

 

レッドファームさんのイチゴ摘みは

「摘み取りプラン」と「食べ放題プラン」の選べる2つのプランがあって

「摘み取りプラン」は摘み取ったイチゴの重さで料金が決定する量り売りタイプのプラン。

「食べ放題プラン」は制限時間1時間以内であれば

自由にイチゴを食べられる食べ放題タイプのプラン。

営業時間が10時~4時まで、

人気もあって早い時間帯に食べ放題プランが終わってしまう場合があり!

 

わたしは「摘み取りプラン」の持ち帰るタイプ。

ハサミや手をつかってイチゴを摘み取って行くんですが、

ツヤのある大粒なイチゴがたくさん!

美味しいイチゴの見分け方として、王冠のようにへたが反り返ったもの、

ルビーのように真っ赤になったもの、パンパンに膨れて種が沈んだものの3つ。

積み終わって食べてみると、

ほどよい酸味と甘さが口の中に広がって手が止まらなくなるおいしさ!

6月まで営業中とのことなので、これはリピートしてしまうのは間違いないです。

また、苗の高さも子どもの目線くらいの高さなので、

子どもから大人まで家族でいちご摘みが楽しめると思います!

ぜひ休日はレイクサイドレッドファームさんで
積み立ての完熟いちごを味わって来てくださいね!

 

2019/01/19 五ケ瀬ハイランドスキー場

宮崎県五ヶ瀬町、九州のど真ん中にある

日本最南端のスキー場「五ケ瀬ハイランドスキー場」を紹介しました!

今年は暖冬のためやや遅れてですが、五ケ瀬ハイランドスキー場の

今季来場者数が1万人を突破したそうです(^^)/

 

晴天時には阿蘇五岳や九重山をはじめ、祖母山、傾山など

九州中央山地の大パノラマをひとりじめできる絶好のロケーション!!

私はお昼ぐらいに行ったので見られなかったのですが、

朝一番には雲海を見ることもできるそうです♪

 

九州随一、標高1,610mのゲレンデに降り積もる雪は、

ドライ・パウダースノーが楽しめる本格ゲレンデです(*^_^*)
また、ゲレンデの気温15度でも造雪機を設置しているので
ゲレンデのグッドコンディションをキープすることができるんだそうです♪

 

私は人生で2回しかしたことのないスノーボードに挑戦!

もちろん初心者中の初心者なので
初めて滑る人にやさしい延長60mの

なだらかな勾配の初心者コースをエンドレスで滑りました♪

おしりが10個くらいにに割れたんじゃないだろうか!?と思うくらい転びましたが

徐々に上達して少しずつ滑れるようになると達成感が湧いてきました(^^)/

 

他にも初心者・中級者向けの

リフト最高部から第2ペアリフトまで延長1,000mのパラダイスコースは、

キッカー・ボックス・レールなどパークアイテムも豊富で上級者の方にも人気です!

 

また、ファミリーゲレンデでは、

ソリや雪遊びが楽しめて、小さなお子様も楽しめます♡

 

トップシーズンに降雪が整えば最大斜度30度の「幻のコース」もオープンするとのことで、初心者から上級者まで1日楽しめるスキー場となっていますよ~♪

 

来年3月3日まで、無休営業とのことなので、

宮崎の冬を思いっきり遊ぶなら、ぜひ「五ケ瀬ハイランドスキー場」にお出かけ下さい(^^)/

 

2019/01/12 みやざき乾しいたけ

2008年にブランド認証された「みやざき乾しいたけ」を紹介しました(^^)/

宮崎県の乾しいたけ生産量はなんと全国第2位!

宮崎県はしいたけの生産に欠かせない

「クヌギの木」、「清らかな水」、「1日の寒暖差」、「全国トップレベルの日照時間」等の条件がすべて揃っており、肉厚で香り豊かなしいたけを生産しているんです★

また、安全性や信頼性の確保のため

さまざまな認証基準を満たしたものだけが、

はれてブランド認証され「みやざき乾しいたけ」と呼ばれる。

その認定基準を満たすものは、総生産量のうちわずか0・3%なんですってー!

 

そのおいしさの秘密は、アミノ酸としいたけ特有成分のグアニル酸です。

グアニル酸はかつお節のイノシン酸、昆布のグルタミン酸とともに

日本料理の三大旨味成分と言われ、加熱調理することで増加します♪

生のしいたけより乾しいたけにして保存することで

グルタミン酸が増加しより美味しくなります。

また、糖質(トレハロース)が多く、

爽やかな甘みと弾力のある歯ごたえが特徴で、

うま味、香り、食感もよく、全国にもファンの多いそうです^^
 

乾しいたけの戻し方には、冷水、ぬるま湯、高温水など様々な方法がありますが

より美味しくするためには、
冷水につけ冷蔵庫の中で5〜8時間かけて戻す方法が最適です!

そうすることで、しいたけの旨味成分であるグアニル酸を最大限に引き出してくれます(^^)

 

乾しいたけを戻したしいたけは具材として使うのはもちろんですが
乾しいたけの戻し汁は、風味、旨味がバツグン!
煮物、炊き込みご飯、吸い物など、だし汁として幅広く利用できますよ~♪

 

私はよく餃子の種に刻んだ戻ししいたけと、

ゼラチンで固めたシイタケの戻し汁をいれて餃子をつくります!

焼いたときにゼラチンが溶け出し

じゅわ~っと口のなかにシイタケのうま味スープと肉汁が共にでてきてたまりません♡

 

ぜひみなさんも、みやざき乾しいたけをみかけたらイイお出しをとって

料理に取り入れてみてくださいね!

ページトップへ