プログラム 寺田奈央の「宮崎が一番!」ゴーヤー

寺田奈央の「宮崎が一番!」

ブログ

2018/06/23 ゴーヤー

今日は、

独特の苦みとゴツゴツとした外見|ω・)

宮崎県で古くから栽培されてきた

野菜の中でもひときわ強い個性を持つ

夏野菜「ゴーヤー」を紹介しました(*´∨`*)

 

宮崎県のゴーヤー生産量は沖縄県についで第2位!

ビタミンCが豊富な宮崎県産のゴーヤーは

高い栄養素が評価され、

「みやざきビタミンゴーヤー」と名付けられ、

みやざき商品ブランド認証を受けています(♡´ω`♡)


野菜のビタミンCは、日射量が多いと増える傾向にあり、

宮崎県は日射量が全国トップクラスであることから、

宮崎産ゴーヤーには全国標準に比べ、

なーんと!

およそ1.4倍のビタミンCが含まれているんです!\(^o^)/

そのビタミン量はレモンに勝っているんですよ~(≧▽≦)ゞ

 

そんなゴーヤーは

もっと多くの人に食べてもらいたいという思いから

県を挙げて長年、品種改良や栄養価の分析を進め、

苦みを抑えた健康野菜としての地位を確立したんだそうですε=ヾ(*・∀・)/

 

私が好きなゴーヤー料理は

薄く切ったゴーヤーをベーコンをペペロンチーノ風に炒めたものや(о♡∀♡о)

2センチ幅に切ったゴーヤーの輪っかの中に

ハンバーグの種を詰めた定番のゴーヤーの肉詰め(о♡∀♡о)

同じく輪っかの中にコロッケの種をつめて揚げた

ゴーヤーのコロッケもオススメ!(о♡∀♡о)

 

ゴーヤーのワタに苦み成分が含まれているので、

ワタを良くとって、塩水に5分ほどつけ込むと苦みが抑えられますよ♪

 

日差しも強くなるこれからの季節、

ビタミン豊富な「みやざきビタミンゴーヤー」を

是非カラダに摂り入れて下さいね(。・ ω<)


ページトップへ