プログラム 寺田奈央の「宮崎が一番!」えびの高原アイススケート場

寺田奈央の「宮崎が一番!」

ブログ

2018/12/16 えびの高原アイススケート場

えびの高原アイススケート場に行ってきましたー    

標高1200メートルの高地にある九州最南端の屋外アイススケート場で、

雄大な韓国岳を眺めながら、冬の高原でスケート体験ができます(*´д`)o


毎年3万人以上が来場しているということもあって、

私が行った日も、休日だったからか家族連れや友人同士、カップルなど

たくさんの方が来場していました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

さて、スケートリンクにはってある「氷」

この氷をはる結氷作業は

どのようにして作っているのか皆さんご存知ですか?

11月中旬に、およそ1週間から10日ほどかけて
スケート場を運営する、えびの高原荘の職員の方が作業しているんですが、

夜通しで水やお湯をまいた後に、冷却装置で凍らせる作業を連日繰り返して、
氷の厚さが7センチに達したところで、
削氷車で表面を磨き続けることで

このえびの高原アイススケート場が出来上がっているんです(。>ω<)ノ

寒い中職員の皆さんが連日夜通しで汗水流して作ってくれたおかげで
毎年このスケート場で滑ることができている、というわけなんですね~(*´`*)

 

宮崎のスケート場はここしかないので、

スケートやったことないわという方も多いと思いますが、安心して下さい!

土日祝日に1日2回、無料のスケート教室を開催しています( ˘͈ ˘͈ )♡

この教室を利用した子供たちがたくさんいたんですが、

みるみる上達して後半は初心者とは思えない滑りっぷりでした•̀.̫•́✧


 

夢中で滑っていると体は熱くなってくるんですが、手先、足先はやはり冷えます(´⌒`。)

私は、帰りにえびの高原荘の温泉に寄って、体を温めてから帰り

1日えびのを満喫した日となりました~٩( ‘ω’ )و

 

冬晴れの空に雪化粧の山々を背景に滑走する
心地よさと開放感はここでしか味わえません!!

2月24日まで毎日営業とのことなので、ぜひぜひえびの高原アイススケート場で

たくさん滑ってきて下さい~ヾ(o´∀`o)ノ

 
ページトップへ