FM宮崎について 番組審議会 第364番組審議会

第364番組審議会

1.開催日時

平成29年11月21日(火)15:00~16:00

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数6名

出席委員の氏名

道本 晋一、久保田 順司、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり 、齊藤 愛

会社側出席者の氏名

代表取締役社長    髙橋 武人
専務取締役       黒木 俊郎
編成制作部部長    井上 喜文
編成制作部部長代理 吉良 力郎

4.議題

番組審議

5.審議の内容

事務局

今回審議いただきますのは、毎週土曜日、20:00~20:55にお送りしています、自社制作番組「今夜もバニー先輩」です。試聴は11月11日(土)放送のダイジェストです。それでは宜しくお願いします。

   
委員1

今回の放送ではビットコインについて話していたが、自分が詳しくないので少し分かりづらかった。ただ、バニーの話は上手く、硬いテーマながら聞き手に興味を持たせるような話し方をしていた。ともすれば硬い話題は重い雰囲気になりがちだが、軽快な話し方なので肩ひじ張らずに聞くことができた。これだけの力量であれば、幅広い話題を扱えるだろう。加えて、識者がご意見番として入ってくるので、より多面的な意見が聞けるだろう。上質だけど笑える番組として、先の展開に期待したい。

委員2 確かにバニーは話が上手だ。オープニングやゲストとの挨拶の中での些細な話題も、抑揚や緩急、通り一辺倒でない受け答えで面白い会話に変えている。また、曲がほとんど流れずに喋りが中心となっているが、AMらしさは感じられない。今回はビットコインについて話していたが、回によっては地域に根差した話題も掘り起こしており、バニーの経験がトークに活かされている。パーソナリティーのトーク力の重要性が垣間見える番組だ。
委員3 好感が持てる番組だ。番組出だしのつかみが上手で、コメンテーターとも上手く渡り合っていた。毎回いろいろなテーマを取り上げているが、難しい話もバニーが軽妙に受け答えするので気軽に聞ける。正にリスナーの先輩のような立ち位置で話を聞き出してくれるので、タイトルと内容が合致した番組だ。
委員4 今回は、ラジオを通してビットコインについて勉強ができる内容だった。ただせっかくなので、一般の方へどのような影響があるのか、またどんなメリットがあるのかの説明があると、もっと聞きたくなったと思う。
委員5 今回取り上げたテーマのビットコインは音声だけだと説明が分かりにくかった。もう少しビットコインを使用するメリットやリスクの説明などがあると、もう少しイメージが湧いたと思う。また番組終盤のまとめは、例えが正確なのかはともかく、バニーらしい終わり方だと感じた。今回はご意見番が2人いたので様々な見解が出ており、バニー以外のパーソナリティーが進行していたらまとまりがつかなかったのではないか。
委員6 番組冒頭からBGMを入れずに喋りで始まっており、強く印象に残った。オープニングで話していた秋の夜長の話題やバニーの持っていたラジオ「スカイセンサー」の話などは、幅広い世代が興味を持つ内容だと感じた。またビットコインの話は音声だけのラジオでは説明が難しいと感じたが、説明しづらい話題を取り上げたチャレンジ精神は評価したい。
事務局 次回開催 平成29年12月19日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ