FM宮崎について 番組審議会 第381番組審議会

第381番組審議会

1.開催日時

令和元年5月21日(火)15:00~16:00

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数7名

出席委員の氏名

委員長 阿部 行雄
道本 晋一、川路 善彦、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり、神田 菜々子

会社側出席者の氏名

代表取締役社長     関  計夫
専務取締役       黒木 俊郎
編成制作部部長    井上 喜文
編成制作部部長代理 吉良 力郎

4.議題

番組審議

5.審議の内容

事務局

今回審議いただきますのは、毎週金曜日、11:30~13:55にお送りしています、自社制作番組「Bunnyのナツウタ~昭和歌謡をあなたに(以下、ナツウタ)」です。試聴は5月10日放送分のダイジェストです。それでは宜しくお願いします。

   
委員1 私をはじめ昭和に育っているリスナーには忘れられない音楽があるので、その世代にこの番組は支持されているのだろう。「アイドル広辞苑」のコーナーに出演している東ほどアイドルについて深く語る人はおらず、宝のような人材だ。ここまで深い情報が聞けるので、説得力や安心感がある。昨今は犯罪や事件に関する報道が多いので、聞いていて若い頃に戻れる放送なのでホッとする。「てげてげスポーツ」のコーナーに出演している福森は言いたい事を自由に言っているが、バニーもそれに劣らず自由に喋りながら上手に進行しているので、バニーらしさが出ていた。
委員2 私は世代的に昭和にヒットした曲をほとんど知らないが、知らないからこそヒットした時の状況や背景が知れた「アイドル広辞苑」は感心したし面白かった。 先日、好きなアイドルが全国ネットのラジオ番組に出演しているのを聞いたのだが、同じような気持ちで昔、ラジオを聞いていた方には響くコーナーなんだろうと思った。
委員3 「アイドル広辞苑」の東のトークには驚かされる。そのアイドルの事を全く知らなくても聞きごたえがあり、さらに過去を振り返るだけではなく現在の状況までリサーチしている情報収集力は秀逸だ。「てげてげスポーツ」は福盛が元大リーガーだからこその裏話が聞けて、大変興味深い。両コーナーとも、その道を知り尽くしたゲストにバニーの独特の喋り節が絡まり、渋いけれど軽く聞けるように進化している。
委員4 「アイドル広辞苑」では、私が知らなかったリリーズが夕張出身だった事や今でも活動している事を紹介していて大変興味深かった。「てげてげスポーツ」は実際に大リーグで活躍した人の話なので、スポーツの他に文化の違いも感じられる点が良かった。番組で放送している楽曲については、聞いてみたいと思わせる選曲・構成がなされていると思う。ただ選曲されている曲は昭和50年代が多く、40年代がそれに続いていて、30年代以前のものはわずかだ。FMラジオのリスナー層を考えた時に順当な選曲となっているが、さらに「流行歌アワー」のコーナーで昭和45年以前のレアな歌謡曲を取り上げていて感心した。
委員5 私も番組タイトルから昭和歌謡ばかりと思っていたが、意外と昭和50年代の曲が多いのに驚いた。最近、たまたま聞いた他局の番組でリリーズが出演していたのを耳にしており、この番組でどういうアイドルなのか知ることができた。偶然ではあるが東の知識量に驚かされた。「てげてげスポーツ」では、福盛ならではの突っ込んだトークが光っていた。最後に番組とは関係ないが、この番組で取り上げている昭和という時代は多くの人が共通認識を持っているが、平成という時代にはそのようなものがあるのか、どれくらい時間が経てばそれが持てるのだろうかと思いながら聞いていた。
委員6 昭和歌謡がテーマの番組だが、リスナーの年齢層にあわせると選曲の核が昭和50年代になるのはうなずける。しかし、今後増えるさらに若いリスナーはその年代すら分からないので、この状況を逆手に取って昔の歌謡曲をどんどん取り上げてみてはどうか。歌の歌詞はその時代の世相や価値観を色濃く反映しているので、元号が令和に変わった今だからこそ専門家を交えて楽曲を聞きながらその時代背景も語っていくような時間を作って、多くの人が知らない昭和を伝えていって欲しい。
委員7 昭和歌謡という表現は、この一時代に特化した慣用句であり、平成以降ではありえないもので独特の香りがあると感じる。この番組では、ぜひ昭和歌謡に固執していって欲しい。バニーは50歳台だと思うが、自身の事を絡めてその時代を語れるのが魅力だ。今後はさらに、それ以前の歌謡にもどんどん切り込んで欲しい。またこれだけ魅力的な楽曲が紹介されるので、翌週の予告も取り入れて欲しい。ラジオは昭和歌謡を牽引していたメディアなので相性が良い。若年層には時代の雰囲気を伝え、当時若年層だった層には若かりし頃に戻れるという貴重な番組だ。現在6年目だが10年目を過ぎても頑固に昭和にこだわっていて欲しい。
事務局 次回開催 令和元年6月18日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ