FM宮崎について 番組審議会 第387番組審議会

第387番組審議会

1.開催日時

令和元年12月17日(火)15:00~16:00

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数6名

出席委員の氏名

委員長 阿部 行雄
道本 晋一、川路 善彦、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり

会社側出席者の氏名

代表取締役社長     関  計夫
専務取締役       黒木 俊郎
編成制作部部長代理 吉良 力郎

4.議題

番組審議

5.審議の内容

事務局

今回審議いただきますのは、毎週月~木曜日、17:15~19:55にお送りしています、自社制作番組「Radio Paradise 耳が恋した(以下、耳恋)」です。試聴は12月5日放送分のダイジェストです。それでは宜しくお願いします。

   
委員1 ふざけるシローと真面目な加藤のミスマッチなやりとりが、聞きどころとなっている。リスナーが電話で参加する「耳恋城」のコーナーでは、どう展開するか分からないリスナーとの掛け合いをシローが上手に回し、加藤もしっかりと支えている。特に今回は、シローのリスナーの乗せ方と鹿児島弁の上手さが感じられた。正直、説明が足りずどんなコーナーかは分からなかったが、面白さは伝わった。他曜日での女性との掛け合いとは一味違う魅力があった。
委員2 シローはいつ聞いても、高いアドリブ力でどんな状況にも対応している。それは、これまで公私にわたって培ってきた様々な体験・経験に基づいているからで、感心させられる。加藤は、起用当初と比べて自分の出し方や弄られ方からぎこちなさが減り、板についてきた。シローも他曜日の女性とのやり取りとは違う、男同士ならではの気を使わないゆるい掛け合いが心地良い。コーナーの詳細が分からなくても、参加したリスナーがぼーっとしてしまっていても、ツッコミどころ満載でも、楽しくて許されてしまう雰囲気を醸し出している。加藤がこの環境で自身のアドリブ力を上げていくと、さらに楽しくなるだろう。番組スタート時の耳恋の雰囲気が感じられた。もっと遠慮せずに男だけの耳恋を出していって欲しい。
委員3 シローが自身のキャラクターを最大限活かしていて面白い。今回のメッセージテーマが「面」だったが、いろんな「面」を使った言葉を紹介していて感心した。「耳恋城」のコーナーは、城攻めという設定をBGMやSEで表現しており良い雰囲気だった。またシローがリスナーにあわせて鹿児島弁を喋ったりと、リスナーをリラックスさせようとしていた点も評価したい。加藤はシローに比べたらまだ固いが、徐々にリラックスした雰囲気に染まってきているのでこれからの成長に期待したい。
委員4 およそ3時間にわたって高いテンションを維持して放送している点には、毎回驚かされる。シローと加藤の関係性の良さが伝わってくるし、何よりシロー自身がのびのびと楽しんで喋っているのが良い。リスナーへのツッコミも、流石だと思わされた。以前も「耳恋城」を聞いたことがあったが、ゴチャゴチャしていて内容がよく分からなかった。もう少し簡潔に分かりやすくすると、もっと楽しめるのではないか。加藤はシローのツッコミにしっかりついて行っているが、そのやり取りがたまに長く感じる事がある。二人の技量差から間延びして聞こえてしまっているので、加藤が今以上に成長すれば解消するだろう。
委員5 シローと加藤の喋りはアドリブと演出が半々で構成されており、面白い時とそうでない時があると感じた。それを強く感じたのはオープニングトークで、今回はグダグダと間延びしたトークになっていた。もう少しコンパクトに締まったトークにも出来たのではないか。「耳恋城」のコーナーは、アドリブで鹿児島弁を喋ったり物真似をさせたりといったリスナーとの生の触れあいが素晴らしかった。このコーナーは、ルールが分からなくても面白さは変わらないのではないか。メッセージテーマについてのトークでシローが「エフェクターボード」について話していたが、「エフェクターボード」についての説明がなく音楽関係者以外には話が分からないのではないか。リスナーに分かりやすい説明が一言あっても良いのではと感じた。加藤の喋りのセンスは悪くないと思うが、まだまだ面白くなりそうな気がする。
委員6 木曜日の放送では「耳恋城」のコーナーが核になっている。リスナーと生電話で触れ合うこの企画で、ラジオと電話の親和性が高い事を再認識した。毎回リスナー2人が出演しているが、ゲーム絡みの話にこだわらず世間話などを増やしてリスナーの人柄がより前面に出る方が面白いのではないか。いまのラジオ番組はリスナーからのメッセージを中心に構成されることが多いが、匿名性が高すぎてメッセージの真偽に疑問が残ってしまう気がする。電話を使えば自身の声が公共の電波に乗るので、責任を持った発言を得られるのではと感じた。先ほどオープニングが間延びしているとの意見があったが、単純に時間が長すぎるのではないか。もう少し情報を絞るなり番組ガイドを入れるなりして変化を持たせればどうか。もう少し工夫して欲しい。
事務局 次回開催 令和2年1月21日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ