FM宮崎について 番組審議会 第273番組審議会

第273番組審議会

1.開催日時

平成21年7月21日(火)午後3時00分~午後4時00分

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数7名

出席委員の氏名

委員長:阿部 行雄
道本 晋一、中川 美香、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり、川越 真菜美

会社側出席者の氏名

代表取締役社長:中原 由光
専務取締役:高橋 武人
編成制作部部長:鎌田 文夫
編成制作部:中武 秀太

4.議題

番組試聴及び審議

5.審議の内容

事務局 今回審議いただきますのは、自社制作番組「昼どき歌謡パラダイス」です。 今回は、7月16日木曜日放送分のダイジェスト版をお聞きいただきます。 それでは宜しくお願いします。
  ────── 番 組 試 聴──────
委員1 オーソドックスな番組。 リスナーのリクエストから成る番組だが、パーソナリティがちゃんとそのメッセージを紹介している。 流行に流されること無く、「昭和の歌謡曲」という価値観に基づいて制作していて良い。 みんなで作っている感が伝わってくる。
委員2 農家の人や、ドライバー、昼間の休憩時間を過ごしている人向けの番組かな。 常連のリスナーは良いが、初めてのリスナーにとっては、あて先が早口で聞き取りにくいと思う。
委員3 今回の放送は、夏をクローズアップしていて、季節にあった番組構成であった。 私たちの年代にはホっとする番組。 高校野球の速報では、現地から中継するのであればBGMはいらないのではないかと思った。
委員4 懐かしさをすごく感じる番組。 パーソナリティの喋り方はお昼の時間にあっていると思う。ラジオの良さを感じることが出来る番組で、昔のいい部分をうまく構成している。 アーティスト特集の説明も興味を持てる内容だった。
委員5 テーマが明確、シンプルで分かりやすい。 リスナーのメッセージに対してのパーソナリティの反応が良い。自分を出しすぎずに、リスナーを浮き立たせるような紹介をしている。
委員6 要所要所に挟んでくる豆知識のような小話が興味を持てる。 パーソナリティの人柄と、特に音楽通でないところが逆に良い。
委員7 パーソナリティの醸し出す雰囲気や、ディレクターの選曲や構成が、番組のコンセプトを生かしてリスナーを上手に引き込んでいる。 楽曲をなるだけ多く、しかも最後まで流しているとこが良い。
事務局 次回開催 平成21年9月15日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ