FM宮崎について 番組審議会 第275番組審議会

第275番組審議会

1.開催日時

平成21年10月20日(火)午後3時00分~午後4時00分

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数7名

出席委員の氏名

委員長:阿部 行雄
道本 晋一、中川 美香、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり、川越 真菜美

会社側出席者の氏名

代表取締役社長:中原 由光
専務取締役:高橋 武人
編成制作部部長:鎌田 文夫
編成制作部部長代理:井上 善文
編成制作部:中武 秀太

4.議題

番組試聴及び審議

5.審議の内容

事務局 今回審議いただきますのは、自社制作番組「AREA J-Morning」です。10月9日(金)放送分のダイジェスト版をお聞きいただきます。 それでは宜しくお願いします。
  ────── 番 組 試 聴──────
委員1 聞いていて安心感がある。ゆったり身を任せられる。 女性パーソナリティの年齢を感じられる発言や、男性パーソナリティの愛のあるツッコミが面白い。 リスナーからのメールが、普段にはあまり人に言えないような内容の物が多く、そんな投稿が許されるような番組であり、そこも魅力のひとつ。
委員2 声がきれい。 会話も2人で楽しみつつも、リスナーに問いかけることを忘れない。 「宮崎の達人」のコーナーは興味を引く内容だった。この番組が1番宮崎らしさのでている番組だと思う。
委員3 8年目を迎えていて安定感がある。歳の差パーソナリティのパターンとしては、年上の男性に年下の女性という組み合わせが多いが、その逆というのが良い。 この番組はずっと聞き続けているが、男性パーソナリティの成長が窺える。
委員4 好感が持てる。 歳の差はあるが、支えあって番組を作っているのが良い。 地域と社会性を繋ぎ合わせて語っているのが良い。 パーソナリティが感じたことをそのまま素直に伝えている感じがして、午前中を気持ちよく過ごすのにいい番組。
委員5 途中に宮崎弁を混ぜたり、自分らしさを出す喋りを随所に見せたりしていて、喋りにメリハリがある。
委員6 二人のトークが和やかな感じがして安心感がある。 婚活の話は興味を持てた。 「宮崎に達人」のコーナーでは、新聞に載っているような情報をそのまま話している感じがしたので、もっと切り込んで話して欲しかった。
委員7 女性パーソナリティのキャリアを考えると、存在感自体に安心感がある。 このままの形であるのがいいと思う。 エフエム宮崎の大きな看板番組といえると思う。
事務局 次回開催 平成21年11月17日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ