FM宮崎について 番組審議会 第332番組審議会

第332番組審議会

1.開催日時

平成26年12月16日(火)15:00~16:00

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数7名

出席委員の氏名

委員長  阿部 行雄
道本 晋一、中川 美香、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり、冨永 光

会社側出席者の氏名

代表取締役社長  髙橋 武人
専務取締役     古藤 重典
編成制作部部長  鎌田 文夫
編成制作部課長  吉良 力郎

4.議題

番組試聴及び審議

5.審議の内容

事務局

今回審議いただきますのは、毎週月~木曜日、19:00~20:45にお送りしています、JFNC制作番組「A・O・R」です。試聴は12月10日(水)放送のダイジェスト版です。それでは宜しくお願いします。

  ────── 番 組 試 聴──────
委員1

落ち着いた雰囲気で、大人に向けた音楽とトークが良い雰囲気だ。 番組前半がその日の出来事や投稿などを取り上げ、後半が曜日ごとに特定ジャンルに特化した音楽を紹介しているのも、変化があって面白い。とても聴きやすい番組だ。

委員2

この番組は、昔からあるオーソドックスなFMラジオプログラムだ。間違いのないスタイルなので、取り立てて特徴はない。しかし月~木曜日を毎日聴くとなると特徴があり過ぎると聴き疲れてしまうので、これくらいがちょうどいいのではないか。

委員3

パーソナリティーの喋りがゆっくりで、声のトーンも落ち着いていたので、仕事終わりの時間に一日の疲れを癒すという番組コンセプトにマッチした人選だ。ヒット曲だけでなく若い人が知らない良い曲がたくさん紹介されていたので、若年層にも新鮮に聴く事ができる番組だと感じた。

委員4

まるで毎日帰る「家」や「部屋」のような、心地いい雰囲気を持つ番組だ。 常に同じ空気感、同じクオリティーを保っているのも、そう感じさせる要因の一つだろう。 聴く人をゆったりくつろがせるのに、これ以上はない番組だと思う。

委員5

企画・構成力がとても高い番組だと思う。パーソナリティーの声を最大限に活かした雰囲気を、毎日生放送で作り上げているので、クオリティーの高さがうかがえる。さらに音楽を番組の中心に置きながら、必要最小限の言葉数で紹介している点も、聴きやすさや心地良さに繋がっていると感じた。

委員6

パーソナリティーの喋りで本人の想いが最小限に抑えられているので、楽曲を邪魔する事なく耳に入ってきてとても心地良い。BGMとしてずっと聴いていても、まったく疲れないだろう。 ラジオの本質をしっかり表現できている番組だ。

委員7

ラジオが作る音楽番組の基本とも言うべき番組だ。音楽に対する想いが強いと音楽とトークを無理やり関連付けてしまうが、良い意味であっさりとした表現で紹介しているのでとても心地良く聴きとおせる。 エアチェックを体験している世代としては、このような番組がもっと増えると嬉しいと感じた。

事務局 次回開催 平成27年1月20日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ