FM宮崎について 番組審議会 第287番組審議会

第287番組審議会

1.開催日時

平成22年11月16日(火)午後3時00分~午後4時00分

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数6名

出席委員の氏名

委員長:阿部 行雄
道本 晋一、中川 美香、松田 秀人、崎田 さおり、津曲 健太郎

会社側出席者の氏名

専務取締役:高橋 武人
編成制作部部長:鎌田 文夫
編成制作部:中武 秀太

4.議題

番組試聴及び審議

5.審議の内容

事務局 今回審議いただきますのは、毎週日曜日、10:00~10:30にお送りしています、東京エフエム制作の全国ネット番組「Panasonic Melodious Library」です。試聴は11月14日(日)放送の全編です。 それでは宜しくお願いします。
  ────── 番 組 試 聴──────
委員1 著者の紹介では、著者の生きた時代背景も紹介して欲しい。同じ時代の他の書物も紹介をしたほうが分かりやすい。 二人の間で話がいったりきたりしていた気がする。薄っぺらく聞こえた。一人喋りのほうがいいのではないか。 貴重な番組だけに、もっと工夫して欲しい。
委員2 本と音楽の組み合わせというのが、ラジオならではだと思うが、日曜の朝聞くには退屈なテンポだった。 話している内容が難しかったり、パーソナリティの感想ばかりなので、退屈と感じた。もっとその本を読みたくなるような紹介をして欲しい。
委員3 文学に興味のある人でないと、聞けない番組。 音楽と本をテーマにしている割には、音楽が少しなおざりにされている気もする。もっとしっかり曲をかけて欲しい。
委員4 文学が好きな人なら興味をもって聞ける。 その本を読んだことない人には伝わらないし、なかなか核心につけないと思う。
委員5 著者の想いを別の作者が汲み取るのが面白い。著者の想いにたどり着くのは難しいので、聞き手も集中して聞く。 本を音で味わおうとする、珍しい試み。 楽曲はできれば全部聞きたい。また、話し方にメリハリがなく単調。 作家の意見を聞きたいのに、アシスタントの方が喋りすぎている気がする。
委員6 長く聞き続けて良さが分かる番組だと思う。 休日に似合う番組。 本の紹介の前に、著者の紹介をもっと語るべき。
事務局 次回開催 平成22年12月21日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ