FM宮崎について 番組審議会 第295番組審議会

第295番組審議会

1.開催日時

平成23年7月19日(火)午後4時00分~午後5時00分

2.開催場所

エフエム宮崎本社 1階会議室

3.出席者

出席委員数7名

出席委員の氏名

委員長:阿部 行雄
道本 晋一、中川 美香、奥津 陽子、松田 秀人、崎田 さおり、堀之内 佑香

会社側出席者の氏名

代表取締役社長:高橋 武人
専務取締役:古藤 重典
編成制作部部長:鎌田 文夫
編成制作部課長:吉良 力郎

4.議題

番組試聴及び審議

5.審議の内容

事務局 今回審議いただきますのは、毎週金曜日、12:30~12:55にお送りしています、自社制作番組「Welcome to 日南」です。試聴は7月15日(金)放送の全編です。 それでは宜しくお願いします。
  ────── 番 組 試 聴──────
委員1 通っていた高校が日南市の学校だったので、番組の中で取り上げられた油津の祭りも知っているので、季節感があって良かった。またお祭りに絡んで美容室のお得な情報も紹介されていて、身近な話題に好感が持てた。ただ、もう少し具体的に祭りの内容に触れていれば、日南市以外の方へのPRになったのではと思う。パーソナリティーの2人は、声が聴きやすく親しみを感じた。
委員2 パーソナリティーの喋りは、イントネーションも矯正されていて聴きやすかった。また取材を中心に構成されている点も、親近感が持てた。ただ気になったのは、放送した楽曲が曲調やリズムは夏・祭り・カップルというイメージに合っていたのだが、歌詞の内容が不倫を取り上げているものなので、お昼の番組のイメージにはどうかと思った。ラジオは耳から入ってきた音と言葉を、聴き手が頭の中で構成して感じていくメディアだと思うので、歌詞の内容まで気をつけた方が良いと思う。
委員3 番組のオープニングから「日南を紹介する」という雰囲気が前面に出ていて分りやすかった。またパーソナリティー2人の声は、これまでのエフエム宮崎にない雰囲気があって、好感が持てた。番組で流れたBGMや楽曲も夏らしいものだったので、こだわりなく聴く事ができた。ただ、もう少し店舗取材の話題を短くして油津の祭りの紹介に時間を割いた方が、日南のPRには良かったのではと感じた。あと番組の放送時間が短い割に内容を詰め込もうとしている感じがして、ちょっと進行がせかせかしているように思えた。
委員4 この番組は、女性2人がパーソナリティーを務めている点が他にはないところで、女性同士ならではの世間話から日南の紹介に展開していて、とても明るく楽しそうに聞こえた。この女性同士の会話は無駄に長い部分もあるのだが、そこが2人の愛嬌で良いのではないかと思う。また単純に情報を紹介するだけではなく、取材で感じた事を2人の目線で素直に話していた点が、まるで友人から教えてもらっているような感覚で聴けたので好感が持てた。
委員5 番組全体の感想は、日南の情報が詰められていて聞き応えがあり、2人の話も明るく楽しそうな印象だった。ただ気になる点もいくつかあった。まず番組のオープニングBGMに知名度の高い楽曲が使われていたが、楽曲のイメージが強すぎるので、もっと知られていない楽曲をオープニングに使った方が番組イメージを作りやすいのではと思った。また2人の掛け合いで情報を紹介している部分に話の流れが感じられず、内容がよく伝わらない箇所があった。ラジオは映像がないので、聴き手が想像できるくらい順序だてて分かりやすく喋る事が大切だと思う。
委員6 店舗取材の箇所で、もう少し日南に関わる話題を盛り込んだ方が、全体の雰囲気が統一できたのではと感じた。日南の紹介という番組のコンセプトがぶれないように、番組全体の構成や情報の扱い方、取材でのインタビュー方法など、もっと工夫できる箇所があると感じた。ただ今回聞いた感じでは、番組のコンセプトが日南に住んでいる方へのPRなのか、日南以外の方へのPRなのかが、パーソナリティーやスタッフの中で確立してないような気がした。いま世界中に情報を発信する事ができる世の中になっているからこそ、地方の話題が重要になってきている。女性のクチコミで情報紹介ができる番組だと思うので、もっと頑張って欲しい。
委員7 この番組は、既存の広報番組のような堅さがなく、日南に縁のない女性パーソナリティーが客観的に取材をして情報を発信する事で、地元の方も知りえない魅力を発見できる番組だと感じた。ただ番組の構成をもっと吟味すれば、さらに伝わりやすい番組になると思う。ぜひ「お知らせだけの番組」で終わらないように、いろんな工夫をして欲しい。また地域を活性化させるという意味でも、このようなスタイルで他の自治体を紹介する番組が増えることを希望する。
事務局 次回開催 平成23年9月20日(火)15:00~16:00

過去の審議会

ページトップへ