プログラム RIDE ON 5 !!

RIDE ON 5 !!

ブログ

2014/03/07 カッシーわだち旅(3月7日)

カッシーわだち旅延岡スペシャル、
第3回は、「海」を切り口に、延岡の魅力をお届け!
日豊海岸を北上しながら、延岡の海にまつわるスポットに連れて行っていただきました。

日豊海岸国定公園にも指定されている美しいリアス式海岸。
そして、空の色と同じような青が美しい海。
海水浴場はもちろん、キャンプ場や道の駅など、
延岡の海岸沿いには、泳ぐだけではない楽しみが色々とあります。

今回も、おなじみ延岡サポートネットワークの武井千穂さん、
そして以前もダイビングの取材でお世話になった、延岡マリンサービスの高橋勝栄さん、
お二方に案内役をお願いしました。

ナンバーワン、オンリーワンなものが満載のこの旅。
是非、延岡めぐりの参考にしてください。

DSC_0471

【浦城湾】
延岡市漁協浦城支所前。
海を隔てた目の前の小高い山には、昔、四国の村上水軍の一派、
松田水軍がお城を築き、大変にぎわっていたらしく、
今でもこの一体には、松田水軍の財宝がどこかに眠っているという
伝説が残っているそうです。

DSC_0472 DSC_0473


【浦城・天神ビーチ】
人気のカエルアンコウやクマノミが見られ、この時期はなんと、
九州で唯一、マンボウとのダイブも楽しむことができます。
階段3段を下りるだけですぐにダイビングを楽しめるのも魅力。
更衣室や休憩所、トイレも完備なので、女性・子供にも嬉しいですね。

DSC_0495 DSC_0483 DSC_0497
水の透明度がすごいでしょ?これでも、まだまだなんですって。

また少し沖合の島野浦周辺では、日本一のオオスリバチサンゴも見られるなど、
延岡の海は、ダイバーにとって宝の山なのです。


【七ツ島展望所】
須美江や北浦に抜ける旧道沿いにある展望所。
日豊海岸を一望できる、隠れ絶景スポット。
桜の木が植えてあり、シーズンには海をバックに桜を楽しめます。
また、初日の出スポットとしても最高です。

 

DSC_0499 DSC_0502 DSC_0500

DSC_0501 DSC_0506

ここから、須美江家族旅行村を抜け、次の場所へ。


DSC_0507
おなじみ須美江家族旅行村は、須美江海水浴場の他に、
ケビンなどの宿泊施設や大型滑り台などの遊具がそろったビーチの森すみえ」、
またテニスコートや、カエルアンコウが見られる水族館などがあり、
ここだけで、わだち旅一回分が成立するコンテンツの多さゆえ、
今回は、あえてのスルーです。


【北浦町 地下(じげ)茶山】
「北浦のマチュピチュ」とも呼ばれる絶景スポット。
緩やかな山の斜面に、濃い緑のお茶畑が畝となって、独特の景観を作り出しています。
茶山越しには美しいリアス式海岸が拝め、その景色は圧巻の一言です。

DSC_0513 DSC_0520
こちら北浦のお茶は、日本一早い出荷の露地茶だそうです。


【直海 横島展望所】
この辺りが、宮崎と大分の県境。
太平洋をパノラマで一望でき、この日のように天気が良ければ、
四国の高知県まで見えます。

 

DSC_0526

DSC_0531
きれい・・・。

DSC_0524
きれいだ・・・。

DSC_0530
きれ・・・、って馬場君かい!
ここなら、誰でも絵になりますよ。


【下阿蘇ビーチ】
環境省の「海水浴場100選」で九州唯一の特選に選ばれたビーチ。
真っ白な砂と、抜群の透明度を誇る海。
ロケーションも最高で、目の前には島浦島が見えます。
こんなビーチが近くにあるなんて、延岡の方は贅沢すぎます。

DSC_0548 DSC_0550 DSC_0557

DSC_0559 DSC_0560 DSC_0565
最後も馬場君か・・・。CDのジャケット写真みたい。
どこからどう撮っても、何を撮っても、もう全部、素敵な一枚の絵ハガキになります。


【延岡グルメ へべすぶり丼セット】
下阿蘇ビーチに面した、
道の駅北浦「海の幸レストラン 海鮮館」の一番人気のセット。
へべすを食べさせて育てたブリの切り身を漬けにしたものを、
贅沢に9切れも乗せた、絶品どんぶり。
魚の臭みがなく、血合いの色も新鮮そのもの。
キシッキシッという、身の引き締まった音がする身の歯ごたえ。
う、うう、ウマイ!!!
メヒカリのから揚げ、あさりの味噌汁(あさりの量、凄い!)がついて、
なんと980円!!!
一日限定30食と言えど、この価格設定はありえませんっ!!!

DSC_0544 DSC_0543 DSC_0546
道の駅北浦・浜木綿村支配人、畑野真一さん。
ずっと食に関する仕事に携わってこられて、知識も情熱もピカイチ。
こちらでは、塩づくりにも大変熱心に取り組んでいらっしゃいます。
ごちそうさまでした!!!


ということで、今回のわだち旅も楽しませて頂きました。
「海」のスポットと言っても、色んな楽しみ方があるんですね!

さて延岡市では、3月16日の東九州自動車道開通を記念して、
3月22日(土)23日(日)の2日間、延岡城跡・城山公園で、
「日本一めでたいフェスティバル」を開催。
鐘撞き堂までの300mを走って競う「延岡城開運かけくらべ」、
延岡のご当地グルメが勢ぞろいする「祝開通!城山桜花の宴」、
延岡の地酒を味わいながらご当地グルメが楽しめる「日本一の"三蔵ガーデン"」、
色んな会場で突然始まる「日本一の開運もちまき」、
竹灯籠、ペットボトル灯籠が素敵な夜を演出する「天下一桜宵物語」など、
楽しいイベントが盛りだくさん!

是非、遊びに来てくださいね!!!!

いよいよ来週は、「カッシーわだち旅 延岡スペシャル」最終回。
来週もどこに行くか、お楽しみに!!!

2014/03/02 金麦 presents うれしいね!宮崎と金麦 宮崎うまいもんレシピ(第四回)

「金麦 presents うれしいね!宮崎と金麦 宮崎うまいもんレシピ」。

「サントリー金麦」にピッタリの、宮崎の食材を使い、おうちで気軽に作れて、
とっても美味しい一品を紹介するコーナーです。

最終回の今回の食材は「きんかん」。
料理研究家の石坂美和子先生が作ってくれた一品はこちら!

「きんかんとかぶのミルフィーユサラダ」」

【レシピ】

〈材料〉
かぶ(小) 1個
塩 少々
きんかん 3~5個
生ハム 適量
カッテージチーズ 50g
塩、こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2
パセリ 少々

〈作り方〉
1、かぶは皮をむき1~2mmの薄い輪切りにして、塩をしてしんなりさせる。
2、きんかんは種を取り、薄切りにする。
3、カブの水気を拭いて、きんかんと生ハムをはさみ、お皿に並べる。カッテージチーズを散らし、
塩、こしょう、オリーブオイルをかける。
※彩りでピンクペッパーなど散らすとGOOD!

 

DSC_0461 DSC_0462

きんかんの甘味と酸味、カブの食感、生ハムの塩気が一体となって、とても美味しいです。
是非、サントリー金麦と一緒にお楽しみください!

今週も、この「サントリー金麦」350ml24本入りを、5名様にプレゼントします。
ご希望の方は、住所・氏名・連絡先、またこのコーナーやレシピへの感想も添えて、
番組ブログのメッセージフォーム、MAIL、FAXで、番組あてお送りください。
締め切りは、来週3月6日(木)の正午までです。
ご応募は、成人の方に限らせて頂きます。
なお当選者は、来週のこの番組内でご紹介します。

2014/03/02 カッシーわだち旅(2月28日)

「カッシーわだち旅 延岡スペシャル」第2回です。
今回も、3月16日の東九州自動車道 日向-都農間開通によって、
より身近になる延岡市の魅力をお届けします。

今回は、「アスリートタウン」としての延岡の魅力を感じられる場所に
行ってきました。
延岡は、旭化成陸上部、柔道部をはじめ、スポーツが非常に盛んで、
スポーツの関連施設も多く、町中で普通に一流選手を目にする機会も多く、
身近にスポーツがある町として知られています。

今回は、延岡観光協会の志道(しじ)政彦さん、
そして前回に続いて、延岡サポートネットワークの武井千穂さんとともに、
そんなアスリートタウン延岡ゆかりの地を巡ってきました。

DSC_0351

 

【手形・足型モニュメント】
JR延岡駅前広場にあります。
延岡市にゆかりのあるオリンピック・パラリンピック代表選手の手形・足型が
飾られています。

DSC_0323 DSC_0322

 

マラソン宗兄弟

DSC_0325

 

マラソン谷口浩美選手

DSC_0326

 

柔道 篠原信一選手の手形。
隣のマラソン佐藤選手の足型と、ほぼ同じ大きさ・・・。

DSC_0329 DSC_0330

 

他にも、バレーボール、野球、水泳など、様々な名選手の手形・足型が
飾られています。こんなに延岡ゆかりの選手がいることにビックリ!!


【日向の国 虎屋】
おなじみ和菓子の名店、日向の国 虎屋さん。
こちらの主力商品、延岡名物「破れ饅頭」は、
皮がところどころ薄くなっていて、見た目破れているように見えます。
この、内なるあんこが皮を打ち破っているイメージと、
陸上選手が、内なるエネルギーで、自分自身の記録を打ち破るイメージが似ているとのことで、
アスリートタウン延岡にピッタリのお菓子として、
西日本マラソンの優勝の副賞や、招待選手への手土産として使われています。
3月23日(日)の「延岡城開運かけくらべ」でも、参加賞としてふるまわれるそうですよ!

DSC_0349 DSC_0337

DSC_0334 DSC_0335 DSC_0336

 

【旭化成陸上部 陸上競技場】
通称レーヨングラウンドと言われる、旭化成陸上部の練習グラウンド。

DSC_0353 DSC_0355 DSC_0357 DSC_0358

設備の充実したジムを備えたクラブハウス、
綺麗に整備されたグラウンドなど、素晴らしい練習環境ですね。


【東海中学校プール】
延岡が世界に誇るオリンピックメダリスト、水泳の松田丈志選手が練習していたという、
手作りのビニールハウスのプール。
現在、ビニールを張替え中で、思っていた以上に綺麗なのが印象的でした(失礼)。
今でも、年始などには、松田選手が泳がれるそうですよ。
地元の方の自慢の場所ですね!

DSC_0374 DSC_0363 DSC_0364

 

【西階運動公園】
毎年ゴールデンゲームズが開催されることでもおなじみのこちら。
この日、野球場の方では、キャンプ中のトヨタ自動車硬式野球部の練習試合が
行われていました。
少し前には、ベガルタ仙台の春季キャンプ、
12月には、大相撲東関部屋の合宿が行われるなど、
様々なスポーツキャンプの受け入れも行っています。

DSC_0389 DSC_0391

野球場

DSC_0392 DSC_0393

陸上競技場

DSC_0408 DSC_0398 DSC_0401 DSC_0405

天然芝のクオリティがすごい。まあ、キメの細かいこと。
手入れされる方の熱意をヒシヒシと感じます。

ちなみに今年のゴールデンゲームズは、5月10日(土)に行われる予定です。


【桝元 愛宕店】
いまや延岡名物となった辛麺の元祖ともいわれる桝元。
アスリートタウンということで、スポーツ選手ばりに汗をかこうという、
半ばこじつけのような理由でやってきましたが(笑)やっぱりウマいですね!

DSC_0377 DSC_0375

今回は、大辛5倍とスーパー激辛25倍、そして女性を中心に人気という
トマトの辛麺を頂きました。

DSC_0382

チーズのトッピングがイタリアン感を増長。
トマトの甘味と唐辛子の辛さのマッチング。おいしい!!

辛さが分かる、カッシー食べ顔コレクション

DSC_0384
トマトの辛麺(3辛)

DSC_0385
大辛(5辛)

DSC_0387 DSC_0388
スーパー激辛(25辛)

「桝元 愛宕店」店長の高須圭さん、ならびにスタッフのみなさん、
ご馳走様でした!!!


ということで、今回のわだち旅も楽しませて頂きました。
「アスリートタウン」という視点で延岡を旅してみるのも、なかなか楽しいもんですよ!

て延岡市では、3月16日の東九州自動車道開通を記念して、
3月22日(土)23日(日)の2日間、延岡城跡・城山公園で、
「日本一めでたいフェスティバル」を開催。
鐘撞き堂までの300mを走って競う「延岡城開運かけくらべ」、
延岡のご当地グルメが勢ぞろいする「祝開通!城山桜花の宴」、
延岡の地酒を味わいながらご当地グルメが楽しめる「日本一の"三蔵ガーデン"」、
色んな会場で突然始まる「日本一の開運もちまき」、
竹灯籠、ペットボトル灯籠が素敵な夜を演出する「天下一桜宵物語」など、
楽しいイベントが盛りだくさん!

是非、遊びに来てくださいね!!!!

ページトップへ