プログラム RIDE ON 5 !!カッシーわだち旅(11月14日)①

RIDE ON 5 !!

ブログ

2014/11/14 カッシーわだち旅(11月14日)①

カッシーわだち旅 第47回は、
日南市の「油津商店街」にお邪魔しました。
 
日南市というと、現在、広島東洋カープと西武ライオンズが
秋季キャンプを行っていますが、
そんなカープの天福球場から徒歩10分もかからない近場にあるこちらの商店街
最盛期の昭和40年~50年ごろは100店舗近くあったそうですが、
現在は30店舗ほどに減り、空き店舗が目立つようになっています。
 
そんな状況を打開するため、去年、日南市が、
商店街の再生を担ってくれる人材を全国で公募。
300人以上の応募の中選ばれたのが、
福岡で地域づくりコンサルタントなどの仕事をされていた、
木藤亮太さんです。
 
木藤さんは「テナントミックスサポートマネージャー」として、
4年間で20店舗をオープンさせることを目標に、
いろんなイベントを企画したり、商店街の方とコミュニケーションを取ったりしながら、
油津商店街再生に向けて力を注いでいます。
 
そんな再生中の油津商店街で、
記念すべき一店目として4月にオープンしたのが、
商店街入り口、オラレ日南の真向かいにある
「ABURATSU COFFEE」です。
 
こちらは、古くから地元に人たちに愛されながらも
ずっと閉店となっていた喫茶店「麦藁帽子」をリノベーションしオープンさせたお店で
メニューなどはイマドキのカフェといった感じですが
店内の装飾品、赤茶色の味わい深い家具や電話ボックスなどは
麦藁帽子で使っていたものをそのまま使用するなど、
昔の面影も感じられ、懐かしさと新しさが融合したような、
素敵な空間が広がっています。
 
そんなお店のイチオシは、九州産の小麦や雑穀を100%使用した
「九州パンケーキ」。
パンケーキと一言に言っても、季節の果物や旬の食材を使ったもの、
またウインナーをはさんだものなど、色んなバリエーションがあります。
今回はおすすめとして
「大束甘藷と安納芋のスイートポテトパンケーキ」を頂いたんですが、
これはおいしい!
モチモチとした食感、生地の自然な甘み。
そこに生クリームやバニラアイスなどを絡めて食べたり、
芋のペーストを塗ってみたり。
こんなの、女子だけに食べさせるのは勿体ない!
今まで食べたことなかったことを、強烈に後悔しました(笑)
 
再生に向けて確実に動き出している油津商店街。
是非みなさんも、足を運んでみてくださいね!
ページトップへ