プログラム 木村友南の女子のチ❤カ❤ラココナッツオイル情報☆ Part①

木村友南の女子のチ❤カ❤ラ

ブログ

2014/11/14 ココナッツオイル情報☆ Part①

さて今回は、人気モデルが愛用していることで話題になっている【 ココナッツオイル情報☆ 】をご紹介しました(^o^)/*
 

このココナッツオイルは、中鎖脂肪酸の働きによって肝臓ですぐに吸収・分解されて、エネルギーとして使用されます♪
そしてコレステロール値を下げる作用が期待できるほか、抗酸化作用があるので長期保存が可能なんですo(^_^)o
 

ところで、ココナッツオイルにも沢山の種類があるんですが、何か違いがあるんでしょうか?
実は大きく分けて、下記の種類と特徴があるんです!!
 
〈 精製ココナッツオイル 〉
高温精製して漂白、独特の香りや色を薄くしたもの。
長期保存も可能で、美容ケア・加熱料理に適したオイル!
 
〈 ヴァージンココナッツオイル 〉
添加物を一切加えず、低温処理によって抽出したもの。
酵素・栄養素をそのまま残すことが出来るので、そのまま体の中に取り入れるのに適しているオイル♪
 
〈 有機ココナッツオイル 〉
薬品や化学肥料を使わずに作られているオイルで、体にもよく作る手間もかかるので値段は少し高めです☆
 

そんなココナッツオイルは、どう保存すればいいんでしょうか?
保存方法は、直射日光を避けて常温で保存すればOKだそうです☆
酸化しにくく長期保存が可能ですが、密封はシッカリしましょうo(^_^)o

ところがヴァージンココナッツオイルは、約23度以下で白く凝固してしまいます(>人<;)
これでは寒い冬は常温でも固ってしまうので、使いにくいですよね…ヽ(´o`;
 
そこで♡
ココナッツオイルを愛用している知人に教わった、便利な使い方をレクチャーします♡
それは…『 製氷トレーに流し入れて冷蔵庫で固めるだけ!!! 』(写真あり)
 
こうすると、1個ずつ取り出しやすくなって、とっても便利なんですV(^_^)V
気軽にコーヒーやスムージー、スープなどに入れたり、パンにバター代わりに塗ったり、チョコのようにおやつとして食べたりできますよ♪

さらにアレンジ編♡
製氷トレーにグノーラやドライフルーツなどを入れて、上からココナッツオイルを入れる!
こうすると、時間がない時に朝ごはん代わりとして、パクッとすぐ食べれますよ(((o(*゚▽゚*)o)))

もちろん、炒めものなど加熱料理にも使えます!!
南インドでは、日常で使われているココナッツオイル♪
ココナッツオイルのまろやかさと香料の辛さは、特に相性ピッタリで私もオススメ( ´ ▽ ` )ノ
 
カレーを作るときにココナッツオイルで玉ねぎをじっくりあめ色に炒めると、辛さの中に甘みのあるカレーになりますよV(^_^)V
(写真は、ココナッツオイルで炒めたあめ色玉ねぎ、クミン、ガラムマサラなどの香辛料で作ったカレーです(^_−)−☆)
 

ココまで書いてきましたが、ココナッツオイルの用途はまだまだありますよ(o^^o)
というコトで、ブログPart②へ続きま~す♪

 

ページトップへ