パワープレイ

パワープレイ

邦楽

IWBYL / BREIMEN

2020/2/5リリース  1st ALBUM「TITY」より
(P-VINE RECORDS)

CharaやTENDREなどのサポートを務める高木祥太を中心に活動する5人編成バンド。初の全国流通盤をリリース!これまで“無礼メン”名義で活動してきたが、ヴォーカルが高木に代わり、今回の発売を機に“BREIMEN”に変更。各メンバーが現在のシーンを支える名だたるアーティストのサポートを務めており、演奏力の高さに定評がある。音楽性はソウル・ファンクをベースに、フレキシブルな演奏形態で振り幅も広い。

IWBYL

命の使い方 / Karin.

2020/2/12リリース  セカンドアルバム「メランコリックモラトリアム」より
(ユニバーサル ミュージック)

2001年生まれ。茨城の高校生、シンガーソングライター。2018年初めて自身で曲を作り、地元のライブハウスのステージで歌い始める。2019年6月8日、初ライブから満1年の記念日にデビューを発表。同年、8月7日にファーストアルバム「アイデンティティクライシス」をリリース。2020年に入り、Spotifyの“Early Noise 2020”に選出され注目を集める。デビューアルバムから半年にして早くもリリースされる今作は、センセーショナルな印象を与える痛切な歌い出しから始まる「命の使い方」で幕を開ける。そっと押し殺し続ける気持ちを掬い上げ救済できる場所は歌の中にだけある。そんな彼女の自身の居場所としての歌は、今少しずつ同じ想いの中で行き惑うリスナーに伝播し始めている。

命の使い方

洋楽

ページトップへ